東京から京都まで寄り道しながら車で5泊6日の家族旅行に行ってきました!(2020年11月-12月)

こんにちは、3 姉妹の父のくじら(@kujira_525)です!

10月末に三女が生まれ 1ヶ月ちょっとの間育休をとっていたのですが、せっかくの機会なので家族全員で5泊6日の旅行に行ってきました。
こんなご時世なのでとも思いましたが、旅行が悪いわけではないし、しっかり感染対策してれば普段の生活と同じでしょということで、三女が生後1ヶ月になってからの 11月末から12月頭にかけての期間で行ってきました。

実は10月にマリオットのステータスマッチを成功させたものの、2022年の2月までプラチナステータスを延長するためには90日以内に15泊以上しなければいけないという条件があり、残り30日を切ってあと5泊する必要があったのです。

条件を満たすためだけなら、近場のモクシー東京で1人で5泊するというのも方法としてはあったのですが、産後の妻に子供3人任せて泊まりに行くというのはさすがに無理があるので、妻とも話して、それならみんなでどこかに旅行に行こうということになりました。

ただ、三女の体調の関係で飛行機には乗れないという縛りがあったので、マリオット系列のホテルが充実している中部・関西圏に向かって車で旅行することにしました。
(札幌と大阪の感染者数が増えてきているという報道が多くなっていた時期だったので、大阪には行きませんでした)

そんなわけで、今回の旅行のダイジェストをまとめていきます。

くじら

ちなみに移動はすべて車で、総移動距離は1240km
結構疲れました( ゚∀゚)・∵.

目次

今回の旅行はすべて車移動

今回の旅行ですが、すべて車で移動でした。
車移動なら家族で閉じているのでコロナもそこまで気にする必要ないし、赤ちゃん泣いてても誰も文句言わないしね!

と言ってもうちには車がないので普段はカーシェアを使っているのですが、今回は期間も長かったので実家の車を借りました。
おかげで、交通費はガソリン代と高速代だけと旅費の観点でもかなり助かりました。両親に感謝!!

ただ、観光+運転は、かなーり疲れました。
家に帰ってから Google マップで移動距離を計算したところ、なんと総移動距離は1240km

先日行った北海道旅行では、札幌ー旭川で日帰りしました(旭山動物園に遊びに行きました)が、これが往復300km。
旅程は後ほど書きますが、丸1日京都観光して移動が無かった日を除くと、毎日のように札幌-旭川間を車で往復していたことになります。

もう少しゆっくりしたかったなぁというのが本音の旅行でしたが、家族は楽しんでくれたので良しとしましょう。

旅程はこちら

最初にざっと旅程だけ紹介しますね。
どうしてもマリオット系列のホテルに宿泊したかったので、移動が大変な旅程になってしまいました。

STEP
1日目 (東京 -> 名古屋)
  • 東京を出発し、東名で名古屋方面へ
  • 浜名湖SAでお昼ごはん
  • 名古屋城を見学
  • 名古屋マリオットアソシアホテルに宿泊
  • 大名古屋ビルヂングでひつまぶしをいただく

1日目はほとんど移動メインでした。子どもたちも疲れちゃうので、早めにホテルにチェックインして夕食を食べました。

STEP
2日目 (名古屋 -> 伊勢 -> 京都)
  • 鳥羽水族館でへんな生き物研究所を見学
  • 伊勢神宮を参拝してお守りを買う
  • 大津サービスエリアで夕食
  • ザ・プリンス京都宝ヶ池に宿泊

2日目は諸事情により大幅な予定変更になりましたが、かねてから行ってみたかった鳥羽水族館を満喫。思いのほか楽しめて時間が押してしまい、伊勢神宮は内宮だけスピード参拝して京都へ移動しました。

STEP
3日目 (丸一日京都観光)
  • 龍安寺で枯山水をたしなむ (金閣寺が工事中だったので、行ってみた)
  • お昼は『にしんそば』をいただく
  • 清水寺を参拝
  • 二寧坂のスタバに行ってみた
  • ザ・プリンス京都宝ヶ池に宿泊(連泊)

観光で京都に来たのは修学旅行以来だったのですが、みんなの疲れ具合を考慮してがっつり観光はせず、程々の旅程で京都を楽しみました。

STEP
4日目 (京都 -> 宇治 -> 琵琶湖)
  • ザ・プリンス京都宝ヶ池のクラブラウンジでアフタヌーンティーをいただく
  • 平等院を見学
  • 琵琶湖マリオットホテルに宿泊
  • 夕食はGrill&Dining G でコース料理

4日目はゆっくりスタートで、ホテルでアフタヌーンティーをいただいてからの出発でした。修学旅行では行かなかった平等院を見学できて良かったです。久しぶりにコース料理も食べれて満足でした!

STEP
5日目 (琵琶湖 -> 沼津 -> 修善寺)
  • 帰りは新東名を使って、一路、静岡へ
  • 沼津港深海水族館ではしゃぐ、ちょっと変わった家族
  • 夕飯は沼津港で回転寿司
  • 伊豆マリオットホテル修善寺に宿泊

5日目も移動がメイン。深海が大好きな変わった家族なので、沼津深海水族館に遊びに行けてみんな満足。
美味しいお寿司を食べて、ホテルで露天風呂に入って旅の疲れを癒やしました。

STEP
6日目 (修善寺 -> 御殿場 -> 東京)
  • 御殿場アウトレットで思う存分買い物を楽しむ(妻)
  • 無事、東京の自宅に到着

6日目の最終日は御殿場アウトレットで買い物。
ここぞとばかりに、妻はへそくりを使いまくっていました。
これまでの移動が凄すぎたせいか、最終日は一番移動距離が短かったのでめちゃめちゃ楽ちんでした。
無事、帰宅。

1日目:東京から名古屋へ移動してひつまぶしを食べる

行きは東名高速を使って、浜名湖SAで休憩

東京の自宅を9時過ぎに出発し、東名高速を使って名古屋に向かいます。
浜名湖SAでは最初の休憩を取りました。

浜名湖SAは結構広くて、屋台もたくさんあるし、フードコートもかなりの席数があってわりと新しいので、休憩にはもってこいでした!
ちょうどお昼の時間だったので、うな丼 (浜名湖で取れたうなぎかは不明だけど一応国産らしい) と浜松餃子を食べました。

くじら

子どもたちの勉強にもなるので、今回の旅行でも地域の特産品はクリアしていきたいと思っています!

SA内には公園というか広場が用意されていて、浜名湖が一望できるようになっています。
本当はもっと散策したかったのですがそんなにゆっくりもしていられないので、スタバでコーヒーを買ってさっさと車に乗って出発です。

名古屋城を見学

奥に見えるのが名古屋城

もともと夕方に名古屋に到着する予定だったので、時間的に観光はできないなと思っていたのですが、意外と15時くらいに名古屋についたので、名古屋城に行ってみることにしました。
10年くらい前に来たときは天守閣まで入れたのですが、今は耐震強度の関係で城の中に入れなくなってしまったんですね。
子どもたちは人生初の城でしたが、反応はイマイチでしたw

くじら

子供は城の中に入れないとおもしろくないよね(^_^;)

名古屋マリオットアソシアホテルに宿泊

今夜の宿は、名古屋駅の真上にある名古屋マリオットアソシアホテルです。

駐車場の入り口を見つけるのに苦労しましたが、また泊まりたいと思うくらいにとても素敵なホテルでした!

残念ながら混み合っていたようでアップグレードはありませんでしたが、43Fの高層階の部屋を手配してくれました。
名古屋一体が遠くまで見渡せるほど、眺めもとっても良かったです!
今回は時間の関係でクラブラウンジにもフィットネスにも行けなかったのですが、朝食のブッフェは種類も充実していてとても美味しかったので大満足でした!

夕食は大名古屋ビルヂングでひつまぶし

夕食はホテルの向かいにある大名古屋ビルヂングの中にあるひつまぶし名古屋備長へ。
うちの家族はみんな鰻が大好きなので、長女も次女も1人前ぺろりでした。(大人は奮発して上ひつまぶしにしたけど、子どもたちはうなぎ丼ね)

直前に電話で予約したのですが、急な予約にもかかわらず半個室の席を用意いただけて、ゆっくり美味しいひつまぶしをいただくことができました。
赤ちゃん連れだったので、こういうの本当に助かります。

Go To トラベルの地域共通クーポンはこちらで消費しました。
この旅行はツアーではないし、連泊でもないので、地域共通クーポンはすぐに消費しないといけないのがネックですが、使えるところでどんどん使っていきます!

2日目:鳥羽水族館、伊勢神宮に立ち寄って、京都へ移動

展示生物数が国内で1番多い水族館『鳥羽水族館』へ

名古屋マリオットアソシアホテルのブッフェレストラン『パーゴラでお腹いっぱい朝食を食べ、9時過ぎにホテルを出て伊勢に向かいました。

もともと伊勢には3日目で行く予定で、2日目は名古屋港水族館(延床面積が日本一の水族館)に行く予定だったのですが、まさかの定休日(月曜日がお休み)。
ギリギリ前日の夜に気づいたので、3日目に行く予定だった伊勢にある鳥羽水族館(展示生物数が日本一の水族館)に行くことにしました。

くじら

名古屋港水族館、とっても行きたかったので、ほんと悲しい…

水族館についたのは11時過ぎくらい。名古屋から鳥羽水族館まで2時間くらいでした。
鳥羽水族館はかなり昔から行ってみたいなーと思う水族館だったので、家族一同とっても楽しみにしていました。

というのも、鳥羽水族館内にある『へんな生き物研究所』という施設で実際に飼育されている生物がたくさん紹介されている「へんないきものすいぞくかん ナゾの1日」という本がありまして、この本がきっかけで長女が深海生物にハマったのです。
そんな長女も今では海洋生物学者になるのが夢と断言するほど海の生き物が大好きになってしまったので、この鳥羽水族館には一度遊びに来たいなと思っていました。

念願の『へんな生き物研究所』も鑑賞することができました!
それにしても広い水族館です!
結局4時間くらい水族館を見て回りましたが、次の目的地へ向かわなければいけなかったので、最後はざーっと飛ばし見になってしまったのが悔やまれます…。もっと時間がたっぷりあれば良かった。

くじら

たぶんうちが1つ1つじっくり見過ぎなだけも気がしますが、水族館は結構広いので、水族館好きの方は時間に余裕を持って遊びに来られると良いと思います!

伊勢神宮でスピード参拝

東京に住んでいるとなかなか伊勢には来れないので、伊勢神宮(内宮)にも行ってきました。

しかし、水族館でかなり時間を使ってしまっており、到着したのは16時頃。
この時期の参拝時間は17時までなので、ギリギリでした。

本当は外宮から参拝しなければいけないというのは聞いたことがあったのですが、さすがにこの時間から外宮と内宮の両方を参拝するのは無理だったので、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が祀られている内宮に行くことに。(バチあたりだったら、申し訳ありません!)

正宮 皇大神宮(天照大御神が祀られているところ)

内宮の中はとても広く、どこも静かで、とても厳かで、来ただけで身が清められたというか、不思議な感じがしました。
(単に”伊勢神宮”に来ているという気持ちに溺れていただけだと思いますがw)

一番奥にある皇大神宮 (天照大御神が祀られているところ)で参拝してきただけですが、伊勢神宮をひと目見れただけでも良かったです!
ちなみに、子どもたちはなんだかわかっていないので、最後は飽きる一歩手前でした。
外宮も参拝していたら絶対に飽きちゃってたと思うと、旅程としては内宮だけで良かったのかもしれません。

なんとなくご利益がありそうな気がしたので、お守りを子どもたち用に3人分購入しました。
ご利益とかを全然信じていないタイプなので自分でお守りを買ったのはこれが初めてでしたが、「あー、親もこんな気持ちで僕や兄弟にお守り買ってくれてたのかな」と、ふと思いました。

2日目の宿は『ザ・プリンス京都宝ヶ池』

伊勢から、今日の宿泊地である京都までは車で2時間ちょっと。
水族館に行って、伊勢神宮を参拝したあとの車の運転はさすがに疲れました。

途中、大津SAで晩ごはんを食べました。
大津SA自体はとても綺麗で新しく、琵琶湖も一望できるかなりいい感じのSAなのですが、すでに辺りは真っ暗なので何も見えませんでしたw

今夜の宿は京都にある『ザ・プリンス京都宝ヶ池』です。
外観がとても特徴的でおしゃれなホテルですね。

もともと一番安いフォレスト フロアのツインの客室を予約していましたが、今回はプラチナ特典でアップグレードいただき、クラブフロアのツインのお部屋にしてもらえましたよ!

この日はみんな疲れたので、早めに就寝です。

くじら

ザ・プリンス京都宝ヶ池には2連泊しました!

3日目:丸一日、ベタな京都観光

3日目もザ・プリンス京都宝ヶ池に宿泊なので、丸一日、京都観光をしました。
観光中も車を運転しましたが、連日の大移動とは全然違うのでかなり楽でした。でも、京都観光は本当にノープランだったので、行きあたりばったり、毎回その場でスマホで調べてどこかに行くという感じだったので、それはそれで大変でした。

金閣寺はまさかの修繕中

僕は10年ぶり、妻は京都に遊びに来たのが修学旅行以来だったので、2人とも京都観光を楽しみにしていました。
ただ、子どもたちにとっては寺巡りしても全然おもしろくないんだろうと妻と話していて、金閣寺なら子供でも絶対に気に入るに違いない!と意見が合ったので、最初に金閣寺に行くことに。(銀閣寺は絶対興味を持ってくれないだろうという話もしました)

が、しかし。
いざ金閣寺の駐車場まで来てみると、「いま金閣寺は修繕中で、こんな感じでカバーがかかってますけど観ていきますか?」と係員の方がおしゃっていて、写真を見せてもらうと金閣寺の舎利殿全体がすっぽり白いカバーに覆われているではありませんか。

くじら

これは大人が観ても全然興味を持てないじゃないか。。。

ちゃんと行く場所は事前に調べなきゃダメですね。
ちなみに修繕は2020年12月29日に終わったようなので、今はピカピカの舎利殿が見れるみたいです。

龍安寺で枯山水

そんなわけで慌てて近くで観光できそうなところをスマホで探します。

そして見つけたのが、金閣寺のすぐ近くにある龍安寺(りょうあんじ)。
枯山水の石庭が有名な場所で、ここは修学旅行で来たのを憶えているくらい個人的にはインパクトがありました。

小2と幼稚園児に枯山水がウケるわけないと思っていたのですが、長女も次女も枯山水の庭の前に座ってしばらく静かにじーっと庭を眺めるという意外な反応。
そもそも庭を眺めるという行為自体が普段やるものではないのでその辺りが彼女たちにも新鮮だったのかもしれませんが、おかげで僕も妻もゆっくり庭を眺めることができました。

石庭を観た後は広い境内の中を散策しました。
紅葉は若干シーズンを過ぎていましたが、ところどころ赤く染まっていて綺麗でした。
いい時期に来れてよかった。

お昼ごはんは花巻屋で『にしんそば』

この日は出発が遅かったので、龍安寺を後にしたのが1時半くらい。お腹も空いたので遅めのお昼ごはんにすることに。
京都で食べたいものと言ったら僕は『にしんそば』なのですが、調べてみたところ金閣寺の近くに美味しそうなお店があるようだったので、行ってきました。

訪れたのはこちらの『花巻屋』さん。
駐車場があると書いてあったのですが、ここでもまさかの工事中。車は少し先のコインパーキングに止めました。

創業50年くらいのようですが店内は綺麗でした。
トイレにオムツ替えの台があったのも赤ちゃん連れには嬉しかったです。

こちらがお目当てのにしんそば。
にしんの甘じょっぱい感じがとっても美味しかったです!そばのモチモチ感もとっても良かった!

くじら

山椒大好きなので、いっぱいかけちゃいました!

我が家の娘たちもどこに行ってもざる蕎麦だけはめちゃめちゃ食べるので、みんなそれぞれ好きなお蕎麦でお腹いっぱいになりました。

食後のデザートにはそばの実アイスをいただきました。
そばの実がクランキーみたいな食感で美味しかったです!

今回もご飯で地域共通クーポン使いました。

京都といえば清水寺

お昼を食べた後(もう夕方でしたが)は清水寺に行ってきました。

清水寺の入り口の清水坂(お土産屋さんとかがいっぱいあるところ)があまりにも閑散としていて、本当にびっくりしました。
シャッターが閉まっているお店も結構あったし、本当に観光客が少ない。
空いているのは嬉しいですが、本当にコロナってやつは街の風景すら変えちゃうんですね。。。

さて清水寺ですが、仁王像があったり、祥雲青龍があったりと、娘たちはいろんなものに興味津々でした。
そしてめちゃめちゃ階段だらけなのも彼女達には面白かったみたいで、長女はひたすら階段の段数を数えてました。(僕は三女を抱っこしてだったので、結構いい運動になりました)

清水の舞台も残念ながらシートこそかかっていなかったものの、こちらも床板を新しくしている工事の最中で入ることができませんでした。
音羽の滝(学業成就、恋愛成就、延命長寿 の 3 つのご利益のある滝)もコロナ対策の一環で飲むことはできず。残念。

でも清水寺は何度来てもいいですね。
今回はちょうど夕日が沈む頃に来たので、とっても綺麗でした。心が洗われる。

二寧坂のスタバへ

本当は圓徳院のアメックスの京都特別観光ラウンジに行ってみたかったのですが、残念ながら拝観時間を過ぎてしまっていたので、清水寺周辺を歩いて散策することに。

清水坂、産寧坂(三年坂)をお土産を書いながら少し歩いて、二寧坂(二年坂) へと歩き、二寧坂のスターバックスで休憩をしました。
前からちょっと行ってみたかったんですよね。

こちらがスターバックス京都二寧坂ヤサカ茶屋店の入り口。
スタバを探して歩いていたにもかかわらず、普通に前を通り過ぎてしまうほど京都の街に馴染む外観でびっくりしました。

メニューは普通のスタバと変わりないですが内装は京都の町家風で、ライトアップされた内庭なんかもとても綺麗でした。
ちょっと店内が薄暗過ぎかなとも思いましたが、普段とは違うスタバを味わうことができて良かったです!
ちなみにトイレは激狭でオムツ替えなんかは全くできないので、赤ちゃん連れの場合は気をつけましょう。

この日はたくさん歩いて子どもたちもぐったりだったので、この後コンビニでお弁当やおにぎりを買ってホテルで簡単な夕食を済ませました。

くじら

せっかくの京都なので美味しいもの食べたかったのですが、子どもたちの疲れ具合を見ながら行動するのが子連れ旅行では最優先事項だと思っているので、仕方ないですね。みんなが楽しければそれでOK!

4日目:平等院を見学して、琵琶湖へ

ザ・プリンス京都宝ヶ池のクラブラウンジでアフタヌーンティーをいただく

2泊したザ・プリンス京都宝ヶ池も今日で最後。
朝食をクラブラウンジでいただきましたが、せっかくなのでクラブラウンジのアフタヌーンティーもいただきたかったので、遅めの出発にしました。(プラチナ特典の無料レイトチェックアウトのおかげ)

12時からアフタヌーンティーの時間だったので、12時ちょうどにクラブラウンジに行ってスイーツをいただいてきましたよ。
ザ・プリンス京都宝ヶ池のクラブラウンジは大きな窓から庭が見える開放感が素敵で、スタッフの方々もとても親切な方ばかりでとてもくつろげました!

平等院鳳凰堂を見学

アフタヌーンティーの後はちょっと寄り道して、10円玉のデザインになっている宇治の平等院に行ってきました。
修学旅行でも平等院には来なかったので、初めての平等院だったこともあり、個人的には結構楽しめました!

各回の定員が20名の鳳凰堂の内部拝観もして来れましたよ。
世界遺産なだけあって中の壁や柱などには絶対触らないでと言われる程だったので、幼稚園児の次女がイタズラしないか本当に心配でしたが、鳳凰堂の中にある大仏に興味津々だったおかげかちゃんといい子にしてくれていました。
鳳凰堂の歴史などの説明を受けながら内部拝観できるので、大人は楽しかったですよ。(内部拝観できるのは15分ほどですが、子どもたちにはちょっと長くて退屈だったかな)

結構な人数の修学旅行の集団と一緒になってしまったので、ミュージアムはチラ見する程度にして、平等院を後にしました。

琵琶湖マリオットホテルに宿泊

車を走らせ、今日の宿泊先の琵琶湖マリオットホテルへ。

到着したのは18時ごろ。
すっかり日も落ちてしまったので琵琶湖周辺は真っ暗でしたが、無事辿り着けました。

マリオット ボンヴォイのプラチナ特典で部屋をアップグレードしていただき、温泉付きの客室をご用意いただけました。

くじら

温泉付きの部屋へのアップグレードはチェックイン前からかなり期待していたのでとっても嬉しかったです。無事温泉、気持ちよかったー!!

ホテル周辺にはご飯を食べれるような場所がなさそう (後からピエリ守山という複合施設が近くにあるのを見つけたのですが、このときはよくわかっておらず…) だったので、この日はホテルのレストランである Grill & Dining G でコース料理をいただきました。

アットホームな雰囲気のレストランで、子連れでも気兼ねなく食事をすることができて良かったです!(赤ちゃん用に簡易的なベビーベッドまで用意いただけました)
もちろん食事もとっても美味しかったのでとっても満足!
しかもプラチナ特典でお会計も30%オフになったので、とってもお得でした!

5日目:沼津深海水族館で遊んでから静岡の修善寺へ

新東名高速を使って静岡へ

この日はほぼ移動日。
琵琶湖を後にして、静岡県の沼津に向かいます。

帰りは新東名高速を使って、浜松SAで一回休憩をしました。(琵琶湖から3時間くらい)
結構新しいSAでとても綺麗。
さすがピアノの街だけあって、SA内にはところどころピアノをモチーフにしたものがありました。

ご当地コーラみたいなのもたくさん売っていたので、長女・次女と相談してうなぎコーラを買ってみました。
感想は、、、なんとも言えない味のコーラでしたw
いろいろな味があったので、立ち寄った際はぜひ試してみてください。
うなぎパイも売っていたので、お土産用に買っていきました。

沼津港深海水族館へ

途中、一般道で渋滞にハマってしまいましたが、2時間ほどで今日の目的地である沼津港深海水族館に到着しました。(写真は水族館を出た後に撮ったので真っ暗ですが、水族館に着いたのは16時くらいでした)

来たのが遅かったからなのか、コロナ禍のど平日に来ているからかわかりませんが、お客さんは全然いませんでした。

水族館の中ではたまたまイベントが開催される時間だったので、見学させていただきました。
この日の実験は、カップヌードルの入れ物みたいな紙コップに深海の水圧をかけたらどうなるかという実験で、目の前で実際に水圧をかけて容器が小さくなるのを見せてもらいました。

お客さん全然いなかったので、最前列で鑑賞。実験で小さくなった容器もプレゼントしてもらったので、いい記念になりました!

冷凍されたシーラカンス

水族館自体はそんなに大きいのでさらっと観てしまうと30分くらいで終わっちゃうのですが、もちろん我が家はじっくり鑑賞なので、1時間半くらいは水族館にいました。
他の水族館では観られないような深海生物が結構たくさんいるので長女は始終はしゃいでおりましたが、楽しんでくれると連れてきたかいがあるので僕も嬉しいですね。

夕食は水族館を出てすぐのところにある回転寿司屋さんの活けいけ丸でお寿司を食べました。
ネタが大きめですが、その割には値段が手頃な上にとっても美味しかったので、なかなかコスパの良いお店でした!

くじら

深海魚三種盛り (ゲテモノじゃないよ)なんかもあったりなので、珍しいネタも食べることができました!

この旅行最後の宿は『伊豆マリオットホテル修善寺』

お腹いっぱいになった後は、今日の宿泊先である伊豆マリオットホテル修善寺へ向かいました。

今回もプラチナ特典で部屋をアップグレードしていただき、温泉付きのお部屋をご用意いただけました。
なんと今回は露天風呂です!
あまりの気持ちよさに、夜も朝も入っちゃいました。

くじら

やっぱり温泉は露天風呂が一番ですよね。
露天風呂のおかげで、この旅行の疲れも一気に吹き飛びました!!

朝ごはんもブッフェ形式で美味しかったし、テニスコートや岩盤浴などなどいろいろなアクティビティができる施設になっているので、もっとゆっくりしたかったな。
修善寺なら東京からもすぐなので、また遊びに来たいと思うホテルでした!

6日目:御殿場アウトレットで買い物をして、無事帰宅

最終日は御殿場のプレミアムアウトレットで買い物です。
最近は木更津や佐野のアウトレットばかりで、御殿場に来たのは久しぶり。
新しい建物も増えていて、かなり綺麗になっていました。

まぁ、ここは妻が楽しみにしているだけで、子どもたちと僕は付添いみたいなものなので、最後の方は僕と子どもたちは疲れてしまったので、スタバで任天堂Switchやって遊んでいました。

最後に買い物もたくさんできて、妻も楽しめたようです。

営業時間ギリギリの19時まで買い物をしていましたが、そこからは渋滞もなく、無事自宅に帰ることができました!

5泊6日の旅行を終えて

というわけで、怒涛の6日間でしたが、(運転任されている僕以外は)無理なく旅行を楽しめるくらいの詰め込みすぎない旅程になったのではないかなと思います。

でもやっぱり移動が多過ぎたのでもう少しゆっくりしたかったなというのが本音でしたが、最初から最後まで気楽に旅行ができたのは車での旅行だったからですね!
コロナの心配もなく、赤ちゃんが泣き叫ぼうがう○ちしようが周りには家族しかいないので、本当に気楽です。
上の子達も眠くなったら寝て、つまんなくなったらiPad でアニメを観てと好き勝手にできるので飽きないしね。
そして何より、車移動なら時間の融通が効くというのも子連れ旅行ではかなり助かるポイントだと思いました!
どうしよう、車欲しくなっちゃったよ。。。

そして、初めて宿泊したマリオット系列のホテルもどのホテルも魅力的で、また泊まってみたいところばかり増えてしまいました。
徐々にホテル沼にハマりつつありますが、今回の旅行で無事2021年もプラチナ エリートのステータスを維持できることになったので、これからもっといろんなホテルに泊まってみたいなと思います!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる