『トマム ザ・タワー』や『リゾナーレ トマム』に宿泊時の過ごし方。レストラン、プール、牧場、観光地のまとめ

くじら

こんにちは!
3 姉妹の父のくじら(@kujira_525)です!

2021年の9月末に家族5人で北海道のトマムにある星野リゾート『トマム ザ・タワー』に2泊3日で宿泊してきました。

トマム ザ・タワー』や『リゾナーレ トマム』があるトマム リゾートには雲海テラスプール温泉牧場とめちゃめちゃ楽しめる施設が充実しているので、3日間みっちり遊ぶことができました!

『トマム ザ・タワー』と『リゾナーレ トマム』

旅行中の食事もホテル内でいろいろ食べてきたので、今回はトマム リゾート内のレストランや施設を紹介していきますね!
ちなみに僕たちの滞在中は残念ながら2日目が雨だったこともあり雨の日の過ごし方も書いてみたので、参考にしてもらえたらと思います。

この記事はこんな人におすすめだよ
  • 夏季のトマムで何ができるのか知りたい人
  • トマム リゾートのごはん事情を知りたい人
  • 『トマム ザ・タワー』や『リゾナーレ トマム』への宿泊を検討中の人
目次

星野リゾート トマム内にはレストランがたくさん

トマム周辺マップ
トマム リゾート全体図 (公式サイトより)

まずはレストランの紹介から。

トマム ザ・タワー/リゾナーレ トマムがあるトマム リゾートですが、周りにはほとんどお店がないので、基本的に食事はトマム リゾート内で済ませることになります。
『トマム ザ・タワー』と『リゾナーレ トマム』の建物内にはレストランがないので、ブッフェレストランの『ニニヌプリ』や『hal -ハル-』、またはいろいろなお店が集まっている『ホタルストリート』を利用する形になります。

散歩がてら歩いていくのもいいですが敷地内をぐるぐる回っているバスもあるので、ちょっと遠い場所に向かうならバスを使うと時間を節約できますよ。

ホタルストリート

2日目は残念ながら雨でした

ホタルストリートには全部で9つのレストラン・ショップがあります。
2017年にできた施設なので新しいし、とってもおしゃれな街並みになっているのでまわって見るだけでもとっても楽しいですよ。

とーっても長い連絡通路はトマム ザ・タワーとリゾナーレトマムを結んでます

この日は残念ながら雨でしたが、トマム ザ・タワーからホタルストリートまでは青くて長い連絡通路を歩いていくことができるので雨でもまったく濡れません。
ホタルストリート内も基本的に屋根があるので、天気を気にしなくていいのは嬉しいポイントですね!

夜はたき火的なもので一家団らん (初日は晴れで良かった!)

夜になるとホタルストリートのいたるところに炎が灯るので、より一層温かい雰囲気に包まれます。
晴れていれば上の写真のように火を囲んでゆったりできる場所もいくつか用意されているので、食後に家族で団らんするのはおすすめですよ!

くじら

火って見ているだけで癒やされますよねー!
ご飯食べた後にこちらでのんびりしすぎると、子供が眠くなって部屋までおんぶする羽目になるので気をつけましょう!

ホタルストリートからは間近で大迫力の花火を見ることができます

夏季の花火は20:30スタート。夜ご飯を食べ終わる頃の時間ですね。
花火はホタルストリートのすぐ近くで打ち上げられるので、ホタルストリートからなら大迫力の花火を間近に見ることができますよ。ぜひともご飯の時間をうまく調節して見たいところですね!

スープカレーのお店『GARAKU』

美味しいスープカレーが食べられる GARAKU

僕たちは初日の夜はホタルストリートにある『GARAKU』というスープカレーのお店で夕食を食べました。
お店自体はそれほど広くなく、あいにく満席だったので入るのに少し待ちました。
テイクアウトもやっているので、部屋に持ち帰って食べるのもいいかもしれませんね!

やわらかチキンレッグと野菜のスープカレー
海の恵み シーフード スープカレー
野菜15品目 野菜の恵み スープカレー
お子様スープカレー

北海道に来たら1度は食べたいスープカレー!
GARAKUのスープカレーはどれも具がたっぷり入っていてとっても食べごたえもあるし、美味しかったです!

辛さも選べるので辛いのが苦手な子供でも大丈夫だし、小さい子向けのお子様スープカレーも用意されているので、子連れ家族でも全然いけちゃいます!
ちなみに、辛いのが大好きな僕と妻は4(辛口)を選びましたが、想像以上に辛かったのであまり調子に乗りすぎない方がいいかもしれませんw

いろんなチーズケーキが食べられる『ファームデザインズ』

見た目もかわいいチーズケーキはいろんな味があるよ

2日目は朝から雨だったので午前中は部屋でまったりしていたのですが、朝食のバイキングもたくさん食べてしまったのでお腹もそんなに空いていなかったこともあり、お昼ごはん代わりにチーズケーキを買いにホタルストリート内にある『ファームデザイン』というお店に行きました。

店内のいたるところに『牛さん』がたくさん

とってもかわいらしい店内で、牛グッズがそこら中にディスプレイされています。

お店の奥にはお土産コーナーもあって牛モチーフのおかしやグッズなどもあるのでお土産にちょうど良いかも


席数は少ないですがイートインスペースもあるし、もちろんテイクアウトも可能です。

ちなみにトマムリゾート内のお店はクレジットカードがあまり使えない (基本的に現金かPayPayなどのバーコード決済を使う)ので、クレジットカード使いたい場合は部屋付けにすれば、チェックアウト時にまとめてクレジットカード払いにすることができますよ。

チーズケーキとコーヒーをテイクアウトして、みんなで部屋で食べました

チーズケーキはエスプレッソやショコラ、ハスカップなど全部で7,8種類くらいあったので、みんなそれぞれ違う味にしてみました。
僕はエスプレッソを食べたのですが、程よい苦味の甘みで激ウマだったのでパクパクっと食べちゃいました。どれも濃厚なチーズの味がして美味しかったです!

右側がモーモーカード

ちなみにチェックインの際に『モーモーカード』なるものをいただきまして、これを『ファームデザイン』で見せるとソフトクリームを無料でいただくことができるみたいです。(すっかり忘れていたので、もらいそびれてしまいました(´・ω・`))

モーモーカードについて

今回の旅行は楽天トラベルで手配したのですが、チェックインの際は「いま、楽天トラベルでご予約された方にサービスでモーモーカードというのをお渡ししていまして…」とフロントの方がおっしゃっていました。
なので、チェックイン時に必ずもらえるのかはちょっとわからないのですが、もらえたらぜひ活用しましょう!

ブッフェレストラン『ニニヌプリ』

森に囲まれたレストラン『ニニヌプリ』

2日目の朝食はブッフェレストラン『ニニヌプリ』で食べました。
トマム ザ・タワーからは先ほど『ホタルストリート』に行く時に使った青い連絡通路をさらに先まで進むとたどり着くことができます。(ちょっと離れているので、ザ・タワーからは10分くらい歩きますw)

子供には最初にセットメニューを届けてくれる
赤ちゃん連れだとウェットティッシュなども用意してくれる
さらに離乳食まで用意してくれます
『なまら海鮮丼』の作り方も写真付きでわかりやすい

ニニヌプリは結構人気のレストランなので結構混み合っていましたが、席数はかなり多いので回転は割と早いと思います。

席に案内していただくと、「子供のセットメニューを最初に用意しましょうか?」と提案いただけて、子供が食べやすそうな食事を席まで持ってきてもらえたり、「離乳食もご用意しましょうか?」ということで離乳食とウェットティッシュなども席に持ってきてくれたりと、本当に子連れに優しい気づかいをしてくれるのでとーっても過ごしやすかったです!

好きなだけいくらをかけられる『なまら海鮮丼』
ふわふわのフレンチトーストも美味しかった
サラダの野菜もバリエーション豊富で充実してました
ベーコンもぶ厚い!

ビュッフェ形式のレストランなので好きなものを好きなだけいただくことができるのですが、ニニヌプリのおすすめはなんといっても『なまら海鮮丼』です!
好きなだけイクラや漬けマグロ、甘海老などを乗せられる贅沢などんぶりを朝から食べられるなんて超幸せでした!
しかもこのイクラ、スーパーボールのように跳ねるほどめちゃめちゃ新鮮でぷりっぷりっです。
美味しすぎて2杯も食べてしまいましたw

朝食付きプランだと朝食券がもらえます

今回は朝食券付きのプランだったのですが、朝食は『ニニヌプリ』か、この次に紹介する『ビュッフェダイニング hal -ハル-』でいただくことができます。
どちらもビュッフェ形式ですが、ニニヌプリの方がメニュー数が多かったですね。一方でハルはパンの種類が豊富だったり、ニニヌプリにはない絶品メニューの “山わさびご飯” があったりとまた違ったメニューを楽しめるので、2泊するなら1回ずつ利用してみるのがいいと思いますよ。

ビュッフェダイニング hal -ハル-

もうひとつのビュッフェレストランがこちらの『ビュッフェダイニング hal -ハル-』です。
僕たちは夕食と朝食で1回ずつ利用しました。

トマム ザ・タワーからは灰色の連絡通路を通っていくことができるので、こちらも雨に濡れずに行くことができます。
リゾナーレトマムからも青い連絡通路を通ってザ・タワーを経由すれば歩いていけますが、かなり距離があるのでハルを利用するならバスに乗っていくのが良いと思います。

夕食の目玉はなんといっても焼きタラバとステーキ

まずは夕食から紹介しようと思うのですが、とにかく美味しかったのは言うまでもなくこちらの焼きタラバとステーキでした!

2,3人のシェフが素晴らしい役割分担で目の前でどんどんカニとお肉を焼いてくれるのですが、カニは身もたっぷりで食べごたえ抜群だし、ステーキもとーっても柔らかくて、家族みんなで何回おかわりしたかわからないくらい食べちゃいました!
何より調理したてのあつあつのカニとステーキをを食べれるのが嬉しい!

くじら

とっても人気でこのメニューだけは行列が絶えなかったです。
トマムに宿泊するならぜひ食べてもらいたい一品!

もう1つの目玉『いくらとサーモンの手巻き』
『漬けサーモンのお茶漬け』も美味
『カニの味噌汁』も身がごろっと
最初に用意してもらえる子供用のセットメニュー

ブッフェレストラン ハルのディナーはカニ×サーモンがコンセプトになっているので、焼きタラバの他にもサーモンの手巻きやお茶漬けなど、おかわりしたくなっちゃうメニューがたくさんありました!

そしてここでも、席に案内していただくと子ども用のメニューや離乳食を用意しますか?とお声がけいただけました。
この日はプールで限界まで遊んだ後だったので、子どもたちも席についた途端に眠くなってきてしまったこともあり、席まで料理を持ってきてくれたのは本当に助かりました!

天井が高く窓も広く取られているのでとっても開放的なレストラン

ハルもかなり大きいレストランなので席数はとっても多いですが、夕食は予約必須なので気をつけてくださいね。

朝食の名物『山わさびごはん』
パンも種類が豊富(これでも1/3種類くらい)

翌日は早起きして雲海を見に行き、その後にはハルで朝食をいただいてきました。
慣れない早起だったので半分寝ぼけていたこともありあまり写真撮れなかったのですが、『山わさびごはん』はめちゃめちゃ美味しかったです。ローストビーフがたっぷり乗っているのですが、朝からでも2,3杯食べたくなっちゃうような食べやすさでした!(実際3杯食べましたw)

水の教会

『ビュッフェレストラン ハル』のすぐ隣には『水の教会』があります。
時間は短いのですが毎日 20:30 から 21:30 の間は水の教会を無料で見学できるので、タイミングが合えばライトアップされた幻想的な姿の十字架がたたずむきれいな教会を見に行くのもおすすめ!

くじら

三女を寝かしつけるために抱っこしながらウロウロしていたら、たまたま見学できる時間だったので見学することができましたが、とってもきれいな教会でしたよ!

屋内プール『ミナミナビーチ』

中はいつでも暖かい『みなみなビーチ』

続いてはトマム リゾートで体験できるアクティビティを紹介していきましょう。

ミナミナビーチ』は常に中の気温が30℃になっているので天気や季節に関係なく遊ぶことができます。
横幅30メートル、奥行き80メートルのととーっても広いプールなのですが、これがなんと波のプールになっているんです!

みなみなビーチは3ブロックに分かれているよ

プールは3ブロックに仕切られていて、手前から以下のようになっています。

  • 手前(半分くらい) :
    浮き輪で遊んだり、泳いだりできるスペース
  • 中盤 :
    SUP (Stand Up Paddleboart) という大きめのサーフボードに立って楽しむスポーツが体験できるスペース
  • 一番奥 :
    スラックライン (ベルトの上を綱渡りのように渡るスポーツ)が楽しめるスペース

我が家は子連れなので手前の遊泳スペースで遊ぶことが多かったのですが、とにかく波がスゴい!
30分に1回、10分間波が発生する時間があるのですが、一番手前のスペースでもかなり強烈な波がくるので、波打ち際に座っているだけでも楽しめます。

波の発生中はプールの左はじ真ん中右はじの波が強いので、浮き輪に乗せた子供をちょうど白波が立つ辺りにリリースすれば、いい具合に波乗りできたり波に飲まれたりととっても楽しめます。

そして子どもたちは何回やっても飽きない!

波に逆らって浮き輪をリリースしなければいけないのでパパ側はかなり体力を消耗しますが、子どもたちの楽しそうな姿を見てると頑張れちゃいますので是非一緒に遊んであげましょう。

くじら

10分間耐え抜けば、次の波発生まで20分休憩できるので、子どもたち楽しませるために頑張りましょう(;´∀`)

浮き輪のレンタルは借り放題。種類もたくさんあるよ!

プールの入り口脇では浮き輪のレンタルもやっています。
料金は 1,600円/日 でいろいろな遊具(浮き輪)を借りることができるのですが、交換は何回でも可能で借り放題なのでかなりお得だと思います。
さいサイズの浮き輪から、シャチの浮き輪大人が2人くらい乗れる大型の浮き輪など、バリエーションも豊かなのでぜひ利用してみてください。
ちなみに、レンタルの係の方に頼めば自前の浮き輪の空気も入れてくれます。
(というか、膨らませようとしていると走ってかけよって来てくれて「空気いれましょうか?」と言ってくれちゃうほど優しいです。なんなら空気抜いてたたむところもやっていただけるので、お言葉に甘えちゃいましょう)

ちなみに水着やラッシュガードもプールの受付近くでレンタルすることができます。(お値段などはこちら)

たこ助

大型の浮き輪を北海道まで持ってくるのはなかなか大変なので、浮き輪はレンタルするのがおすすめだよ

めちゃめちゃ上手いお兄さんがひたすらスラックラインの練習していました

SUPは今回はやらなかったのですが、長女と僕はプールの一番奥にあるスラックラインにもチャレンジしてきました。
プールの横幅いっぱいにベルトが張られていて、画面の奥側から手前に向かって渡ることができるようになっています。(係の人もいるので安心)

下のプールはかなり深い(たぶん水深3メートルくらい)ので泳げる子しか挑戦できませんが、こんな経験できる場所も少ないのでぜひ挑戦してみてください、楽しいですよ!

「いきなりこんな難しいのできるかぃ!」という方は、浮き輪のレンタルの前に設置されている初心者向けのスラックラインで練習してから挑戦してみましょう!(練習台はさっきの写真にも映っていますが、こんなに短くても、渡り切るのは難しかったです)

くじら

ちなみに僕は2,3歩勢いでいってすぐに落ちちゃいました^^;
見た目以上に難しいのですが、落ちるととっても悔しくて何回もチャレンジしたくなります!

左のフリーパスポートがあれば無料で利用できるよ

『トマム ザ・タワー』と『リゾナーレ トマム』の宿泊者ならミナミナビーチを無料で利用することができます。
受付で見せる必要があるので、チェックイン時にもらえる『フリーパスポート』を忘れないように!

[スパ・マッサージ]木林の湯 ミナミナビーチ内
『森林の湯』(公式サイトより)

ちなみにミナミナビーチのプール横には『森林の湯』という露天風呂の入り口があり、こちらも宿泊者なら無料で利用できます。(男女でお風呂は別れていて水着は着ない通常の大浴場です)

森に囲まれた露天風呂は開放感抜群で、本当に大自然の中で温泉に入っているような気分になれるのでとっても気持ちよかったです!
特にトマム ザ・タワーのお風呂は昔ながらのユニットバスなので、大きいお風呂でのんびりできる大浴場があるのはありがたいですね。
ただ、『みなみなビーチ』は『トマム ザ・タワー』から歩くとけっこう距離があるので行くならバスを使うか、目の前には駐車場もあるので車で行くのがいいと思います。
ホテルからもう少し近いと嬉しいのですが、露天風呂もかなり広いので、利用する際はゆったりくつろいじゃいましょう!

たこ助

ちなみに、プール利用の場合はみなみなビーチの受付で、温泉利用の場合はプールの入口横でタオルを借りることができるから、タオルを部屋から持っていく必要はないよ。
ロッカーもプール用と温泉用で別々だから、温泉だけの利用も大丈夫!

北海道らしさ満点の『ファームエリア』

トマム ザ・タワーの目の前には大きな牧場が広がっています

トマム リゾート内にはなんと牧場(ファーム エリア)まであります!
もともとゴルフ場だった場所を牧場として使用しているようで、広大なスペースに牛や馬、羊など様々な動物がいますよ。

アクティビティ系の申し込みなどはアウトドアセンターで受付できます

トマム ザ・タワーのすぐ目の前にあるアウトドアセンターに行くと牧場やトマム近郊で体験できるアクティビティの申込みをすることができます。
僕たちはこちらで『モーモーカート』を借りたり、『乗馬体験』の申込みをしました。

『モーモーカート』でファームをぐるっと1周

ここでも『モーモーカード』が効果を発揮します

アイスが無料でいただけるという話で先ほど紹介した『モーモーカード』があれば、アウトドアセンターでモーモーカートを無料で借りることができます。
有料の場合は1時間3,000円なので、これはなかなか嬉しいサービスです。

モーモーカートというのはゴルフ上でよく見かけるゴルフカートです

ファーム内はショートコースとロングコースの2種類が用意されていて、車の普通免許さえあればカートに乗ってコースを自分で運転して回ることができます。

子どもたちはこういう普段乗れないカート系が大好物なので、今回も大喜びでした!
コースも大自然のまっただ中を通っているので、きれいな空気を吸いながら清々しい気持ちでドライブを楽しむことができるし、カートは途中で停めておくこともできるのでファーム内の施設を回りながら遊ぶにもちょうど良かったですね。

大自然の中で『乗馬体験』もできる

長女(9)と次女(6)は乗馬も楽しみました

長女と次女はファームで乗馬体験もしてきました!
ふたりともポニーには乗ったことがあったのですが、馬は今回が始めて。
ポニーと比べるとかなり背が高いので最初はびくびくしていましたが、途中からめちゃめちゃ笑顔で楽しんでいました。


時間的には30分くらい乗馬を体験できるのですが、馬ってけっこう歩くのが早いので、僕と妻はカメラとスマホ片手に走りっぱなし。とってもいい運動になりました(;´∀`)
最後にカウボーイのスタッフさんがホテルをバックに家族全員の写真を撮ってくださって乗馬体験終了です。

こちらはポニー

ちなみに小さいポニーもいるので、幼稚園の年少/年中さんあたりの子でも楽しめると思いますよ。
カウボーイのスタッフさんが牧場内をぐるーっと一緒に回ってくれるので小さい子でも安心です。

トマムでしか体験できない?『羊とお昼寝ハンモック』

モーモーカートで周っている途中にあった『羊とお昼寝ハンモック』というスペースもなかなかおもしろかったです!
人気スポットでたくさんお客さんもいたのでここで昼寝をするには相当な精神力が必要だなと思いましたが、ハンモックに揺られながら広大な敷地にいる羊を眺める体験はここでしかできないのではないかなと思います。
ハンモックは全部で7,8コしかないので利用するには少し待つかもしれませんが、大自然の中でハンモックに揺られるのはとっても気持ちよかったですよ。

ハンモックゾーンに登ってきた羊たち。この後スタッフの方に追い出されていましたw

羊たちはとってもおとなしいので、すぐ近くまで寄ってきても安心。近くに寄ってきた羊たちを見ているだけでも、うちの子どもたちは楽しそうでした。

ファームエリアの全体図 (公式サイトから)

他にもファームエリアには『牧草ベッド』や『牧草ラウンジ』なども用意されているのですが、営業は9月末まででした。
僕たちがファームで遊んだのは10月1日だったので残念ながら遊ぶことができませんでしたが、楽しい体験ができそうな施設が他にもたくさんありますね!また来たい!

雲海が見えるかどうかは “運” 次第。トマムに来たら『雲海テラス』は外せないよ。

トマムに着たら雲海を見るべし!

夏季のトマム リゾートの目玉と言えば、やっぱり『雲海』です。
雲海が発生する気象条件が揃ったときしか見れないので本当に運頼みですが、見れたときの感動は忘れられないですね!

雲海は『みなみなビーチ』の近くから出ているゴンドラにのって山の頂上(雲海テラス)に行ってみることができますよ。
雲海テラスの先には Cloud9 (クラウド ナイン)と呼ばれている雲海を楽しめる様々な仕掛けも用意されているので、ぜひぜひ映え写真を撮りに行ってください。

雲海テラスで飲める『雲海ソーダ』

ちなみに雲海は朝早くしか出ないので、早起き必須です。
どれくらい早起きかというと、僕たちが見に行ったときは 朝の4:30 にはホテルから出ているバスに乗ってゴンドラに向かう感じでした。予定をしっかり立てて前日は早く布団に入れるようにしましょうね!

雲海テラスについてはこちらの記事にまとめているので、ぜひ読んでみてください!

トマムにはトマムでしか味わえない体験がたくさんあるよ

「さすが星野リゾート!」と言わずにはいられないくらいトマム リゾート内ではとっても楽しい体験ができる施設がたくさんありましたね。それにレストランの料理ももちろん美味しいし、スタッフの方々のホスピタリティもとても素晴らしくて3日間とても楽しく過ごすことができました!

どのアクティビティや施設もトマムだからこそ体験できるようなものばかり。
子どもたちも楽しめるものばかりなので、家族連れにもおすすめですよ!

アクティビティメインだとどうしても旅行代がかさむので、その場合は宿泊費が比較的リーズナブルな『トマム ザ・タワー』に宿泊すると旅費をアクティビティに回せますよ。
トマム ザ・タワー』のお部屋やホテルの施設についてはこちらの記事で紹介しているので、もし『リゾナーレ トマム』に宿泊するかどうかで悩んでいるならぜひ読んでみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる