横浜のランドマークの三日月形ホテル。『ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル』に子連れで宿泊してきました。

こんにちは、3 姉妹の父のくじら(@kujira_525)です!

2020 年の 9 月に、横浜のみなとみらいにある『ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル』に家族 4 人 (僕、妻、長女 8 歳、次女 4 歳) で 1 泊してきました。

東京住みだと横浜は普通に日帰りできるレベルの距離なので、今まで 横浜で 1 泊するという考えに至ることはなかったのですが、今回はインターコンチネンタル ホテルに泊まる必要性があったのではりきって行ってきました!

実際に横浜で 1 泊してみるとこれがまた結構良い経験で、近場でホテルに宿泊するというのがこんなにも楽しく、満足感があるものだったのか!と驚かされました。

もちろん、一緒に泊まった子供たちもすごく喜んでくれて、帰りの電車では「楽しかった、また泊まりたい!」という親としては 1 番嬉しい一言をいただくことができました!

そんなわけで、せんえつながら、小さいお子さんがいる家庭でも「たまには週末に横浜のちょっといいホテルで 1 泊なんかどうでしょう?」とオススメしたく、子連れ家族目線でレポート書きましたので、ぜひ最後まで読んでいってくださいませ。

目次

『ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル』の外観はみなとみらいに来たことがある人なら1度は見たことある三日月形の建物!

まずは、今回宿泊した『ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル』について、簡単にご紹介です。

場所は横浜みなとみらい。
みなとみらい線の「みなとみらい駅」から歩いて 5 分の立地なので、電車でもアクセスはとても良いです。
宿泊した日はあいにくの雨模様でしたが、4 歳の次女も自分で傘をさしてホテルまで歩ける距離なので、駅から近いのはとても助かります。

こちらのホテル、みなとみらいに来たことがある人なら一度は目にしたことがあるはずで、こんな外観の建物です。

雨が降っていて建物の表側から写真が撮れなかったので、公式HPから拝借しました

ランドマークタワーやコスモワールド、大さん橋、赤レンガ倉庫などなど、横浜の観光地などから簡単に見つけられる特徴的なこの建物が今回宿泊した『ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル』です。

ホテルの入り口自体はこの写真の裏側のパシフィコ横浜側にあります。

入り口を入るとホテルの方がいらっしゃって、アルコール消毒と検温をしました。
少し進むと、秋らしい素敵な飾りが置いてありました。

この入口はホテルの 2F に位置していて、左手に進むとフロントがあるのでチェックインを済ませます。

10組くらいの方がチェックイン待ちで並んでいらっしゃいましたが、フロントの方にお声がけいただき、会員向け専用のチェックインカウンターに案内していただけたので、10 組をすっ飛ばしてチェックインさせていただきました。
「これが、インターコンチネンタル アンバサダー のちからか!」とアンバサダー会員になるために 2 万円払ったかいがあったなと思う反面、一般庶民なので特別待遇におどおどしてしまいます。

僕がわざわざ 2 万円も払ってインターコンチネンタル アンバサダーになったのには理由がありまして、アンバサダーの会員資格 (IHG プラチナ) を利用してマリオット系列のホテル会員 (マリオット ボンヴォイ) のプラチナ会員へのステータスマッチをやってみたかったからで、経緯はこちらのブログにまとめています。

インターコンチネンタル アンバサダーは他にも 客室のアップグレードレイトチェックアウトが無料 などなど、インターコンチネンタルホテルに泊まる時にはいろいろな特典があります。
こちらの記事にまとめていますので、興味ありましたらこちらもチェックしてみてください!

今回は 25F の部屋でしたので、エレベーターで向かいます。
インターコンチネンタル アンバサダーのおかげで、宿泊する部屋はアップグレードいただけましたし、チェックアウトの時間も何も言わなくても 16 時のレイトチェックアウトになっています。


ホテルの廊下はこんな感じ。

良いホテルの廊下ってとても静かで落ち着くというか、あまり人にも合わないので自分たちだけの空間というか、独特の雰囲気がありますよね。ここの廊下もそんな雰囲気を感じました。
子供たちも普段は結構うるさいのですが、雰囲気を感じ取ったのか、廊下を歩くときは静かでいい子にしていました。
子供たちにはいろいろ経験してほしいと思っているので、良いホテルの雰囲気も感じてもらえたら良いなと思っています。

くじら

ちなみに インターコンチネンタル ホテルIHG というイギリスのホテルグループの中で 1 番高級路線のホテルなので、ふつうに高級ホテル (日本語おかしい) ですよ!
『近場のいいホテルに泊まる』というのが、今回の僕のおすすめのポイントの1つです。

子供 2 人の子連れで宿泊したお部屋はグランド デラックス ツイン シティビュー

今回宿泊したお部屋は『グランド デラックス ツイン』 で、セミダブル ベッドが 2 つの部屋です。
広さは 38㎡ なので、子供たちが走り回れるくらいのスペースはあり、結構広々しています。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの客室は一般客室だと『スーペリア』『デラックス』『グランド デラックス』の 3 タイプがあります。
基本的にいずれも同じ間取り、同じ広さのようで、『スーペリア』が 7F-14F、『デラックス』が 15F-24F、『グランド デラックス』が 25F-26F と階層がわかれているのと、客室内のインテリアなどが異なっています。

今回は元々『スーペリア』を予約していたのですが、アンバサダー会員の特典で『グランド デラックス』にアップグレードしていただきました。『デラックス』を飛び越えてのアップグレードなので、素直に嬉しいですね!

部屋に置いてあるデスクやイスも高級感があります。

ベッドのサイドテーブルはこんな感じ。
デザインは全体的にシックにまとまっていて、落ち着きがあります。

洗面所とお風呂はこんな感じです。トイレも一緒。
ちょっと年季を感じますが、ボロいわけではなく、きれいだと思います。

アメニティは『アグラリア (AGRARIA)』というもの。レモン・バーベナの爽やかな柑橘系の香りがほのかに香り、とても落ち着きます。

長女も次女も肌が弱くカサカサになりやすいので普段は Curel みたいな乾燥肌用のボディーソープを使っているのですが、アグラリアを使っても全く問題ありませんでした。
シャンプー、コンディショナーも、翌朝全然パサパサになりません!この香り、とってもすっきりして病みつきになりそうです!

“ベイビュー” より “シティ ビュー” が個人的にはおすすめ

『ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル』の客室は ベイブリッジ側 (海側) の “ベイビュー” の部屋と、みなとみらい側の “シティ ビュー” があります。

今回初めて宿泊したのでどっちが良いかを比較したコメントし難いのですが、今回宿泊した “シティ ビュー” はとても良かったですよ!

目の前には見ての通り、よこはまコスモワールドの観覧車ランドマークタワー がよく見え、みなとみらいの夜景が一望できます
目の前がコスモワールドなので遮るものは無いですし、低層階でも十分綺麗だと思いますよ!

子供たちが寝た後には、妻と二人でこのイスに座って夜景を眺めながら話をしたり、iPad で映画を見たりしていました。
(このイスの座り心地がまた良いんです!)

子供たちはというと、窓際のクッション部分に座ってカーテン閉めてきゃっきゃと遊んだりもしてましたが、子供にとっては『観覧車が見えるホテル』という印象が強かったようで、しばらく経ってからも 「あの観覧車のホテルにまた行きたいー!」と言っていました。
大きくなっても、「昔、みんなで観覧車が見えるホテルに行ったよねー!」とおぼえててくれたらうれしいな。

ベイビューは写真を見る限り目の前がひらけているので、晴れた昼間なんかはとても眺望が良さそうですが、みなとみらいは夜景がきれいなので、僕はシティビューをオススメします!

くじら

妻との話の内容は普段と変わらず子供の話とかが中心ですが、キレイな夜景を見ながら話しているだけで 非日常感 を味わえました。
たまにはこういうのも良いですね!

子供の添い寝は特に規定無し

今回、家族 4 人 (僕、妻、長女 8 歳、次女 4 歳) で宿泊しました。
ホテルに電話で確認したのですが、『ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル』 の場合は子供の添い寝は特に年齢制限は無く、物理的に添い寝できるなら OK とのことでした。

今回は、楽天トラベルや一休などの旅行サイトではなく、インターコンチネンタルホテルの公式HP (アプリ) から予約をしました。
検索時に人数を指定するのですが真面目に 大人 2 人+子供 2 人で検索すると、スイートしか出てきません。
大人 2 人、子供 1 人だと一般客室が出てきます。
おそらく一般客室の定員が 3 名なので、4 人で検索すると定員が 4 名以上のスイートしか表示されないのです。

スイートに泊まれるほど裕福ではない (というか、一般客室でさえ断腸の思いで泊まっています) ので、まずは大人 2 名で予約を入れ、その後にホテルに電話して「実は子供が 2 人いるんですけど大丈夫ですか?」と聞いてみました。

すると、上に書いたとおりで子供が何歳であっても、添い寝ができるのであれば OK とのこと。
子供が大きいので添い寝できない場合は、+1 万円でエクストラベッド (追加のベッド) を入れられるそうです。

うちの場合、もうすぐ 3 人目も産まれるので、例えば 5 人家族になったらエクストラベッドを追加して、 [大人+次女]、[大人+三女]、[長女] という布陣で添い寝すれば宿泊できそうですね。(次女が高学年になったあたりで 1 部屋ではきびしくなりそうです)

小さい子向けの便利グッズもしっかり用意されている

次女はまだ小さいので洗面所で手が届かないのですが、サービスセンターに電話をすると子ども用の『踏み台』を持ってきていただけます。これがあれば、娘がトイレに行く度に洗面所に呼ばれなくてすむので、小さい子連れにはこれはとてもありがたいアイテムです。

予約時は大人 2 名だったので部屋には子供用のアメニティ等が用意されていなかったのですが、踏み台をお願いした際に子供用のスリッパや歯ブラシ、タオル、部屋着なども一式持ってきていただけました。

くじら

子ども用グッズがしっかり用意されているので、子供連れでも安心して宿泊できますね!

夕食は子供も楽しめるホテル ビュッフェ『オーシャンテラス』

夕食はホテルの 1F にある 『オーシャンテラス』でブッフェをいただきました。

最初は中華街にでも夕飯を食べに行こうかなと考えていたのですが、「せっかくの機会だしホテルでご飯を食べよう!」ということで、子連れでも入りやすいブッフェ形式の『オーシャン テラス』にしました。

お値段は大人 6,500 円、子供 (5-12歳) 3,080 円 、4 歳までは無料だったので、我が家の支払いは 16,080 円でした。

ただ、インターコンチネンタル アンバサダーになると、1 滞在につき 20 ドル相当 (日本の場合は 2,000 円分) のクレジットがもらえます。今回はこれを利用したので、2000 円引きの 14,080 円になりました。

いろいろなレストランがブッフェをやめて注文制にしていたりする中、『オーシャン テラス』は自分で取りにいけるスタイルのブッフェで運営されていました。
料理を取りに行く際はマスク着用+使い捨て手袋で感染対策もしっかりされています。

もちろん料理はどれも美味しかったのですが、特に下の写真にあるような小さいお皿に盛り付けられている料理が最高でしたよ。

他にも目の前で握っていただけるお寿司やローストビーフ、カレーライスなんかもあるので、子供も大満足でした。
お子さん連れのお客さんも多かったので、変に気張らずに食事ができるので子連れにもおすすめですよ!

くじら

僕が行ったときは『ミートフェスティバル』というのをやっていて、いろいろなお肉の料理がたくさんありました。時期によって、料理もいろいろ変わるようなので、何度行っても楽しめそうです!

レストランの予約は一休がお得

今回、僕は 20$ 分のクレジットを使いたかったのでレストランに直接連絡して予約をしましたが、一休.comレストラン にはお得なプランがいろいろありました。

基本的には安くなるというよりはドリンクが付いてきて同じ値段といった感じですが、お得なことは間違いないので探してみると良いと思いますよ!

朝食も『オーシャンテラス』のビュッフェでいただきました

朝食会場は、夕食と同じ 『オーシャンテラス』 でした。
もともと朝食付きプランで予約をしていたので、予約に含まれていなかった子供の分だけ追加して朝食をいただきました。(5-12歳は 1,800円、4歳までは無料)

和食は焼き魚や卵焼き、小鉢などオーソドックスな和食の料理が揃っています。
明太子やお漬物、しらすや納豆など、ごはんのお供系が充実している印象で、思わずごはんをおかわりしちゃうところでした。

洋食は目の前で作ってくれるオムレツが美味しかったです!フレンチトーストもなかなか。
パンも普通に美味しかったな。うちの子供達はパンが大好きなので、朝ごはんもしっかり食べられました!

朝からお腹いっぱい食べれて大満足。
この日はズーラシアに行こうかと思っていたのですが、あいにくの天気だったのでみなとみらいで買い物をして帰ることにしました。

みなとみらいのお店は 11 時オープンが多いので、11 時過ぎまで部屋でリラックスしてから出発。
レイトチェックアウトになっていたので、時間を気にせず最後までゆっくり過ごせました!

子連れで『ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル』に宿泊して良かったこと

今まで旅行でしかホテルに泊まったことがなかったので、ホテルに宿泊することを目的にした旅行は初めてでした。
しかも横浜という近さだったので正直あんまりおもしろくないかなとさえ思っていたのですが、実際に行ってみると、ホテルに宿泊なので近場でも旅行に来た感があり、近場であるがゆえに「また今度でもいいか」と思えるので予定を詰め込みすぎることもなく、普段のお出かけと大して変わらないけれど、ちょっといいホテルなので非日常感を味わえるというなんとも贅沢なことをしているなと感じました。

『ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル』は高級ホテルですが、変に気を張らず、子連れでも滞在しやすい “ちょっといいホテル” だなと感じたので、近場の方も 1 度は宿泊されてみたら良いのではないかと思います。

くじら

今回は IHG の宿泊実績を作るために 『ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル』に宿泊することになったという経緯があるのですが、想像以上に過ごしやすく、それでいてお値段がめちゃめちゃ高いというわけでもないので、また利用したいなー!

お得に宿泊するなら『インターコンチネンタル アンバサダー』になろう

今回の滞在ですが、『インターコンチネンタル アンバサダー』のおかげで非常に過ごしやすく満足度の高い滞在になったなと感じます。

『インターコンチネンタル アンバサダー』になれば、以下の特典が 1 年間、ホテルに宿泊する度に受けられます。

・ 1ランク上の部屋へのアップグレード保証
・ ウィークエンド無料宿泊
・ 最大 $20 相当額のレストラン&バーの飲食クレジット
・ 16 時までのレイトチェックアウト保証
・ IHGリワードクラブのプラチナステータス付与

年会費は 200 ドル (日本円だと 2 万円) かかりますが、ウィークエンド無料宿泊だけでも十分もとが取れると思うので、インターコンチネンタル ホテルに宿泊する予定があるのであれば、『インターコンチネンタル アンバサダー』への加入も検討してみると良いかと思います。

『インターコンチネンタル アンバサダー』のメリットについてはこちらの記事にまとめていますので、興味がありましたらこちらも読んでみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる