すすきのから地下鉄ですぐの札幌の動物園。北海道を旅行するなら子連れで楽しめる円山動物園に行ってみよう!

こんにちは、3 姉妹の父のくじら(@kujira_525)です!

2020年の10月末に子連れで北海道旅行(札幌)に行ってきました。

その際に北海道に住んでいる友達にオススメされた 円山動物園 に行ってみたのですが、これが大当たり!
想像をはるかに超えて楽しめちゃいました!!
もちろん子どもたちもめちゃめちゃ楽しんでいたので、家族旅行にもオススメです。

そんなわけで今回は 円山動物園 をご紹介します!

くじら

実は今回の旅行では 旭山動物園にも行ってきたのですが、個人的には円山動物園の方が面白かったので大人も楽しめると思いますよ!

目次

円山動物園には地下鉄で行けるので、アクセスはとっても良好!

円山動物園は札幌市にある動物園。
動物園はそれなりに敷地が必要なので市街地からは外れたところにあるのかなと思っていたのですが、宿泊していたホテルの最寄りの地下鉄の駅である 豊水すすきの駅 からたったの20分で着いちゃう距離でびっくり!

1回乗り換えがあったので、乗車時間は実質10分くらいと移動はあっという間でした。
札幌駅からも車で15分みたいなのでタクシーで行ってもいいかもしれませんね。

円山動物園の最寄り駅は東西線の円山公園駅になります。
今回は地下鉄で行ったので最寄りの円山公園駅から円山公園方面に歩いていきます。

隣接する円山公園は自然がいっぱいで楽しく散歩ができる

駅から円山公園までは5分もかかりませんが、駅前は普通の住宅街でしたが、すぐに広大な公園が広がります。
空気が澄んでいて、緑もたくさん。散歩するのが楽しくなる公園です。

10月末だったのでちょうど紅葉がいい感じの色合いでとっても綺麗でした!

誰が一番赤くてきれいな葉っぱを見つけられるかゲームをしたり、

何かの動物になったりしながら、円山動物園に向かいます。

途中、山の中をトレッキングしてるみたいな気分になる歩道もありました。

というか本当にトレッキングコースみたいなのもあったので、体力に自身があればちょっと行ってみたかったな。(今回は妻が不在の旅行で、小2の長女と年中の次女を連れてだったのでさすがに山道は無理でした)

こんな公園が近所にあったら毎日散歩したいな。と思うくらい、とてもきれいな公園でした。
円山公園は桜が有名みたいなので、春に来ても楽しめると思います。

くじら

結構急な斜面のところもあるので、ベビーカーだとちょっと大変かも。
ベビーカーの方は駅からタクシーで動物園に向かったほうが楽ちんかもしれません。

円山動物園に到着

遊びながらゆっくり歩いていたので、駅から30分近くかかりましたが、無事、円山動物園に到着しました。
大人が普通に歩いたら15分くらいで着くと思います。

残念ながら天気はどんよりしていて今にも雨が降りそうな日でしたが、雨が降っていないだけ良しとしましょう!

入園券はユキヒョウでした!北海道らしくていいな。

入園料は中学生まで無料なので、大人1人分の800円だけで済みました。
たったの800円で半日楽しく遊べるので、動物園は本当にコスパがいい。子連れの味方です!

営業時間などは円山動物園の公式サイトをご確認ください。

動物園の歴史は古いけど新しくて綺麗な施設がたくさん

円山動物園は1951年にできた、北海道で一番最初の動物園なんだそう。
開園からもう70年くらい経つわけですが、園内はほとんどの施設をリニューアルしたばかりのようで、どこもきれいな施設ばかりでした。

と言いつつ、途中から雨が降り出してしまい、子供二人連れている身だったのであまり写真は撮れず。。。
微妙な写真ばかりですが、少しでも動物園の雰囲気を伝えられればと思います。

たとえば、アザラシの水槽はこんな立派なトンネルになっていて、アザラシが優雅に泳ぐ姿をじっくり観察することができます。これは水族館よりもすごいかもしれません。

水槽のガラスも大きいので、ほんとによく観察できました。

順路を進んでいくと建物の屋上にでるのですが、先程の水槽の上が見えるようになっていて、アザラシがぐっすりしている様子がすぐ近くで見えました。
(小雨が降っていたので結構寒かったのですが、アザラシにはこっちのほうが過ごしやすいのかもしれませんね)

ゾウ舎はとても大きくて、2年前に完成したばかりなので中もとっても綺麗でした。
写真はエサを食べているところなのですが、エサの草が上から吊るされているのでご飯を食べる様子がよく見えます。

ゾウ舎の中にはステージがあったりプールがあったりしましたが、残念ながら掃除中でした。
平日に行ったので特にイベントはやってなかったのかもしれませんね。

所々にゾウのクイズが設置してあったりするので、生き物好きの娘たちはじっくり問題を解きながら楽しんでましたよ。
楽しく勉強ができるし、興味も湧くしで、僕はこういうの結構好きです。

行動展示がよくできていて、見ていて楽しい

アザラシやゾウもそうでしたが、動物たちの普段の生活がよく観察できるようになっている施設がとても多かったです。
生き物たちの普段の生活・生態を自然に見せられるように工夫しているのを行動展示と言ったりしますが、どこもかしこも行動展示ばかりなので、見ていてとても楽しい。

例えばこのかわいいプレーリードッグ達。
なんでこんなにみんなで固まっているのかというと…

ここだけライトが当たっていて温かいからなんですね。
ライトが無かったら隅っこの方でみんなで固まって寝てるだけだったかもしれませんが、こうやって展示していただけると見るのが楽しいです。

こちらのミーアキャットも実は行動展示。
巣穴から出てきて、こんな感じで立ってる映像をテレビなんかで見たことがあるかもしれませんが、あれは太陽の光を浴びて体温調節をしているんです。
この飼育部屋も天井から太陽の光が入る構造になっているので、ここのミーアキャットはこんな感じで上をずーっと上を見上げています。
この後ろ姿が愛くるしいのなんのって!

長女が「キリンも雨宿りするんだねー」とこんな姿も見ることができました。(たぶんこれは行動展示ではないけどw)

屋内施設も充実しているので雨でも楽しめる

動物園なのにすごいなと思ったのですが、これまで紹介してきた施設はほとんど屋内で動物たちを観察することができました。
この日は生憎の天気で途中から雨が降り出してしまったのですが、ほとんどの動物は室内での展示に切り替わっていたので、雨でもしっかり楽しめましたよ!

特にこの日は肌寒かったのですが、中でもは虫類・両生類館熱帯鳥類館が天国みたいに暖かかったですw

は虫類・両生類館は施設の大きさのわりに飼育されている種類がとても多いので、好きな人はとっても楽しめると思いますよ。
上の写真は僕のおすすめのヒョウモントカゲモドキです。
あごを石にのせて寝てる姿がとっても可愛い!

熱帯鳥類館はその名のとおり、熱帯に住んでいる鳥が放し飼いになっている大きな建物です。
ただ、中が広すぎて鳥がなかなか見つかりませんw

上の写真にはカラフルな南米の鳥、オニオオハシが隠れています。さてどこでしょう?

くじら

熱帯鳥類館では誰が一番はじめにオニオオハシを見つけられるか勝負をしました。
次女は設置してあるカメラを駆使して探していましたが、こういう設備があると小さい子も最後まで飽きずに楽しんでくれていいですね!

行動展示がとても楽しい円山動物園は家族で札幌をおとずれたらぜひ行ってみて!

というわけで、円山動物園の魅力、少しは伝わりましたでしょうか?
正直3割も伝えられていない気がしますが、寒冷地の住む動物達が他にもたくさんいたりと、本州の動物園ではなかなか見れないような動物達にも会えるのが円山動物園の良いところでもあります。

「わざわざ北海道まで来て動物園っていうのもなぁ」という気持ちもわからなくもないですが、沖縄で美ら海水族館に行くなら、札幌で円山動物園に行くのもありじゃないかって思いませんか?

札幌にいったらぜひ円山動物園に遊びに行ってみてください、おすすめです!

くじら

個人的には雪が降ってからの季節の円山動物園も行ってみたいなと思ったのですが、札幌の市街地から地下鉄やタクシーで行けてしまう距離なので、真冬でも遊びに行きやすそうですね!

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!!
北海道旅行の旅行記はこちらにまとめているので、良かったら読んでくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる