11月の北海道旅行。育休中にママ不在で、札幌、小樽、旭山動物園、美瑛の青い池に子連れで行ってきました!

こんにちは、3 姉妹の父のくじら(@kujira_525)です!

2020年の10月末から11月頭にかけて、4泊5日で北海道に旅行に行ってきました。初日と最終日はほぼ移動日なので、実質は3日間の旅行です。

妻は三女の出産で入院中だったので、長女と次女を連れて3人での旅行
たまたま出産と重なっちゃったというわけではなく、帝王切開で計画出産の予定だったからこそ、このタイミングで旅行を計画して行ってきました。最近ははコロナ対策でお見舞いにも行けないのでね。

今回は4泊とも札幌宿泊だったので移動拠点は札幌でしたが、1日札幌、1日小樽、1日旭川と旅行先はバラバラにしたのでかなり楽しめましたよ(^o^)
まずはダイジェストということで、今回の旅行全体をご紹介します!

くじら

子供たちも楽しめる場所を選んで旅程を組んでいるので、『子連れで北海道旅行を考え中』の方や『札幌に旅行に来たけど、少し離れたところにも行ってみたい!』という方の参考になればと思います(^^)

今回の参加者

今回の『北海道旅行』は3人で宿泊してきました!

くじら (30代)
長女 (8歳、小学2年生)
次女 (4歳、幼稚園年中)

ママは旅行の 2日前に三女を出産して入院中なので、今回はお休み

目次

札幌旅行 – 1日目 – 羽田から新千歳への移動日

SKY マークで羽田から新千歳へ

出発は長女が小学校から帰ってきてからだったので、16時ごろに家を出ました。

大事に抱えているリュックの中身はほぼお菓子

東京モノレールに乗って羽田に向かいます。
コロナが流行してから初めての羽田なのですが、モノレールもびっくりするくらいガラガラでした。
まぁ、平日の夕方ですしね。


少し早く羽田に着いたので夕飯は空港の 新大和 という和食レストランでそばを食べました。
レストランなのに18時閉店でびっくりしましたが、空港内も人はまばらなので仕方ないのかもしれませんね。
ちなみに空港のユニクロで靴下を買いたかったのですが、ユニクロは17時閉店。閉店早過ぎで間に合わず。

フライトは 18:40 発、20:15 着の SKY マークでした。
キットカットとコーヒーしか出ませんが、羽田発で1番安いのはなんだかんだ SKY マークなので重宝しています。

うちの子たちは朝は強いのですが、夜はめちゃめちゃ弱いので飛行機の中で爆睡。
次女は新千歳に着いても起きてくれず、起こそうとするとめちゃめちゃ不機嫌で、子連れ旅行の難所にいきなり遭遇してしまいました。
仕方なく次女をおんぶして一番最後に飛行機を降りました。

くじら

こうなるのはわかっていたのですが、やっぱりもう少し早い時間の便にしておけばよかったなぁ。。。

新千歳空港から札幌へは電車を利用。子供は寝てしまい、かなり大変でした。

新千歳空港からホテルのある札幌へは電車で移動します。
駅は空港の地下にあるので利用しやすく、移動はとっても楽ちん。

のはずなのですが、1人で次女をおんぶして、3人分の4泊旅行の荷物が入ったスーツケースを引いて移動するのはなかなかしんどかったです。
『奥さんがいれば…』とついつい思っちゃいますが、今回はおとな1人で頑張る旅行なのでなんとか駅のホームまで頑張りました。
「むしろ長女が起きていてくれただけいいじゃないか!」とか自分を奮い立たせながら、頑張りましたよ。

たぶんこれがこの旅行最大の難所でしたが、どうにか無事電車に乗ることができました!
ここから40分ほど電車に乗って体力を回復しながら札幌駅へ。

宿泊先は『フェアフィールドバイマリオット札幌』

今回の旅行は、マリオット Bonvoy のプラチナ ステータスマッチ によるプラチナエリートの資格を延長するために宿泊実績を稼ぎたかったというのもあり、4泊とも『フェアフィールドバイマリオット札幌』に宿泊しました。

マリオットのステータスマッチについては以下の記事で詳しく書いているので、良かったらどうぞ。

ホテルは地下鉄の 豊水すすきの が最寄りなのですが、札幌は料金も安いので札幌駅からタクシーでホテルに向かいました。
でもタクシーの運転手さんに「フェアフィールド」とか「マリオット」を行き先として伝えてもわかる方は1人もおらず、「前は東武ホテルだったところです」と言うと、みんな「あー、あそこね」とすぐに連れて行ってくれます。

と言うのも、もともとは 札幌東武ホテル だったところが、2020年春にリブランドオープンして フェアフィールドバイマリオット札幌 に生まれ変わったので、まだまだ東武ホテルの方がイメージが強いのでしょうね。

フェアフィールドバイマリオット札幌

部屋はリブランド時に改装されているので、とっても綺麗でした!
ソファーベッドも最初から布団を敷いておいてくれていたので、今回は添い寝はせずに1人1台、ゆったり眠ることができましたよ。

フェアフィールドバイマリオット札幌の朝食
朝食の和食のセットメニュー

朝食はセットメニューで洋食と和食から選ぶスタイルですが、ボリューム満点なので朝からお腹いっぱいになります!
4日間、ボ美味しい朝食をいただくことができましたよ!

くじら

地下鉄へのアクセスも良く、すすきの狸小路二条市場がすぐ近くなので、札幌観光もしやすいのがいい所。
札幌に来る時は、またこちらのホテルに泊まりたいなと思います!

フェアフィールドバイマリオット札幌の詳細はこちら。

札幌旅行 – 2日目 – 円山動物園と回転寿司とジンギスカン

地下鉄で『円山動物園』へ

2日目は曇り時々雨とちょっと天気が残念でしたが、札幌観光の日なので、まずは市内にある『円山動物園』に行ってきました。
豊水すすきの駅 で地下鉄に乗り、1回乗り換えをして 円山公園駅 で下車します。
20分くらいで着いちゃう距離なので、アクセスは抜群に良いですね!

円山動物園

園内の建物や設備は結構新しくなっていて、展示の仕方もところどころ工夫のある『見せる動物園』という感じで、結構面白かったです!上の写真はアザラシ水槽の水中トンネル。

他の動物園では土に潜ってしまってよく見れないことが多いプレーリードッグも、円山動物園なら目の前でライトで温まる姿を見ることができます。めっちゃ可愛かった!

くじら

途中から雨が降ってきてしまったのが残念ですが、室内での展示もかなり工夫されていたので、雨でも楽しめましたよ!

円山動物園の詳細はこちら。

ランチはいくらがこぼれる『とっぴー』の回転寿司

動物園は13時くらいまで見て、ランチは 桑園駅 にある回転寿司の『とっぴー』に行きました。
とっぴーは北海道の回転寿司チェーンなので道内の色んな場所にありますが、動物園からだと桑園駅が一番近かったので、ここまでタクシーで来ました。

とっぴーのこぼれイクラ

お目当てはこちらのこぼれイクラ

軍艦に乗っているイクラより、こぼれているイクラのほうが量が多いんじゃないかっていうくらいこぼれていました。
長女はいくらが大好きなのでご満悦でしたよ。(粒が大きくて、もちろん味も美味しかった)

全体的に価格も良心的な回転寿司なので、子連れでも安心して食べられますね。

北海道大学の博物館は想像以上におもしろかった

北海道大学構内

お寿司を食べてお腹いっぱいになった後は、北海道大学に向かいます。

北海道大学は桑園駅のすぐ近くにあるので子供でも歩いていける距離。
雨も上がってくれたので、3人で学校や幼稚園のこと、ママには秘密の話なんかを話しながらゆっくり大学に向かいました。
子供とだけの旅行もなかなか楽しいものですね。

北海道大学総合博物館

北海道大学なんて子供には面白くないんじゃないかと思うかもしれませんが、大学構内にある『北海道大学総合博物館』が子供も楽しめるということだったので、来てみました!

館内は北海道大学の各学部ごとにセクションがわかれていて、様々な展示が行われています。

例えば、これは歯学部の展示で、歯の模型が置いてあったり、実際に治療器具みたいなもので遊べるようになっています。
これは、子供楽しいですよね!(訪れた際はコロナ対策ということで、残念ながら展示品には触れずでした)

各学部で今どんなことを研究しているのかなどがパネル展示になっていたりもするのですが、長女に「〇〇の研究もやってるんだってー」といろいろ話してみると、興味津々に話を聞いてくれることもありました。


他にもティラノサウルスなどの恐竜化石がおもむろに置いてあったり、大昔の石器みたいなものなどもあったりと博物館らしい展示もたくさんありました。

次女は最後ちょっと飽きちゃっていましたが、普段目にしないようなものもたくさん展示してあったので、小学校2年生の長女は結構楽しんでくれましたよ。

中学・高校生くらいになったときに進路を焦って決めたりしないように、小さいうちから少しずついろいろな経験をして、自分がやりたいこと、興味があることなんかを考えてもらえるといいなと思って子育てしていますが、この北海道大学総合博物館は結構いい刺激になったんじゃないかと思います。

夜ご飯はサッポロビール園でジンギスカン

博物館を出たのは16時ごろだったので、タクシーで一旦ホテルに帰りました。
今日はいっぱい歩いたので、子供たちもこの辺で一回休憩できてよかったと思います。
夕食はサッポロビール園でジンギスカンの食べ放題にしました。

サッポロビール園はちょうど紅葉がいい具合で、ライトアップもされていてとても綺麗でした。
市街地にあるのに雰囲気がいいので、僕は札幌に来るとだいたいここに1度は来ちゃいますね。
今回は行きませんでしたが、同じ敷地内にあるサッポロビール博物館も(大人は)面白いと思いますよ!

会場は普段はもっとたくさんテーブルが並んでいたと思うのですが、コロナ対策でかなりテーブルとテーブルの間隔が空けられていたので、安心してご飯が食べられました。
ラム肉は独特なので、子供たちが食べられるかちょっと心配していましたが、美味しかったようで結構もりもり食べてくれたので良かったです!
地域共通クーポンもここで消費しましたよ。

札幌旅行 – 3日目 – 日帰りで小樽。水族館と海鮮丼を楽しむ。

札幌から電車で小樽へ

3日目は少し遠出をして、小樽に行ってきました。

小樽へは札幌駅から電車に乗って快速なら30分ちょっとで着いちゃうくらいの距離なので、札幌旅行される方は小樽にも足を伸ばすことが多いんじゃないかと思います。
小樽は街もそこまで広くないので、1日でも十分観光できますよ!

見た目以上に楽しめる『おたる水族館』

おたる水族館

まずは、おたる水族館 に行きました。
小樽駅からバスも出ているのですが、ちょうど出てしまったばかり。
次のバスまで30分ほどあったので、行きはタクシーにしちゃいました。

水族館の入り口を見た時は、「結構さびれてるなぁ」と思っちゃいましたし、実際設備も新しいとは言えなかったのですが、ショーはたくさんやっているし、展示されている生き物の数もかなり多くて、入り口の雰囲気とは裏腹に、意外なほどに楽しめました!

おたる水族館のトドのショー

特にトドのショーはすっごく近くで大きなトドを見ることができるので、迫力満点でしたよ!

また、トドのエサ (アジ) が近くで売られていて、エサやり体験もできちゃいます。
長女も次女もめちゃめちゃ楽しそうにエサをあげてて、2人できゃっきゃっ言っている姿を見てほっこりしてしまいました。

おたる水族館

上の写真は水族館の敷地内で撮ったものですが、見ての通り海がすぐそこなんです!
この防波堤で仕切られた内側で先ほどのトド達が飼育されているのですが、仕切られていると言っても波は堤防を乗り越えて飼育プールの方に入ってきてしまうくらい荒々しいので、まさに『大自然の中の水族館』といった感じでした。

こんな水族館ここでしか味わえないと思ったら、行ってみたくなりませんか?

冬季はこのエリアは封鎖されてしまうようなので、それ以外の時期に小樽に行かれる方は、ぜひおたる水族館にも行ってみてください!

くじら

トドとは違ってかなりシュールな内容ですが、個人的にはペンギンのショーもおすすめなので、行く機会があればぜひ楽しんでください!

おたる水族館についても、別記事でまとめました!

ランチは『三角市場』で海鮮丼

小樽の三角市場

水族館を後にして、帰りはバスに乗って再び小樽駅へ。
お昼は小樽駅のすぐ近く、階段を少し登った所にある三角市場に海鮮丼を食べにいきました。

入り口は狭いですが、中も当然狭く、人がギリギリすれ違えるくらいの通路がずーっと続いている市場です。
通路の両脇にはカニなんかを売っているお店があったり、海鮮丼を提供している飲食店が数店入っています。

もうお昼の2時を過ぎていたのですが、お店によっては1時間以上待つほどにお客さんが並んでいるところもありました。土曜日だったのでちょっと混んでいたのかもしれません。

さすがに子連れで1時間も待つのは無理だったので海鮮丼は諦めようかなと思ったところ、『さんかく亭』というお店だけはお客さんが並んでいませんでした。
お店の中はお客さんでいっぱいだったので少しだけ待ちましたが、それでもすんなり入れたと思います。

さんかく亭の海鮮丼

海鮮丼はいろいろありましたが、自分の好きなネタを3種類選んで海鮮丼にしてくれるものを注文しました。
海鮮丼はやっぱり良いお値段するんですが、この3種類ネタを選ぶタイプはわりとリーズナブルな価格設定(いくらだったかは忘れちゃいました) だったと思います。

イクラ好きの長女は サーモン+イクラ+イクラ で、親子丼にしてました。
ホテルの朝ごはんでも毎日イクラが出るので、長女は旅行中毎日イクラ食べてましたね。

「なんでこんなにお客さん並んでなかったんだろう?」と思うくらい、普通に新鮮で美味しい海鮮丼がいただけたので、良かったです!

小樽運河や線路跡、オルゴール館などを散策

小樽運河

お昼ごはんの方は、小樽運河の方に向かって散歩をしました。
駅からは歩いて10分くらいで運河に着きます。

小樽運河

運河も紅葉していてとても綺麗でした。

運河に行く途中には手宮線の線路跡があり、観光客の人達がみんな写真撮ってましたよ。

運河の後は子供たちがオルゴールを欲しがっていたので、小樽オルゴール堂を目指して歩いていきます。
オルゴール館までは結構距離があって、運河から20分以上は歩いた気がします。
子供たちもだいぶ歩き疲れちゃいました。

オルゴール館までの道のりにはたくさんお店があって、ガラス店があったり、六花亭ルタオの大きめの店舗もあるので、お土産を物色しながら向かいました。
ちょうどハロウィーンの日だったので、ルタオでは仮装した子供たちにお菓子を配るイベントをやっていたり、お菓子を配っているゾンビが街中をうろうろしていたりと、結構盛り上がっていました。
うちの子供たちはゾンビにびくびくしながらも、なんだかんだ楽しんでいました。

ようやくお目当ての小樽オルゴール堂に到着したのは16時前。
オルゴール堂では目移りしながらも、それぞれお気に入りのオルゴールを購入してご満悦でした。

本当はライトアップされた小樽運河も見たかったのですが、子供たちはもう歩き疲れてしまってこれ以上は無理そうだったので、オルゴール堂の前でタクシーを捕まえて小樽駅まで送ってもらい、電車で札幌へ。

夜ご飯は札幌で味噌ラーメン

ホテルには18時半頃に着きました。

夜ご飯をどうするか考えていなかったのですが、ホテルからは狸小路 (すっごく長いアーケード商店街) がすぐ近くなので行ってみることに。

ただ、すすきのが近いので狸小路も飲み屋が多いかなという印象。
ハロウィンで仮装した若い子達もちらほら(みんなマスクしてない)感じであんまり長居したくないなと思ったので、狸小路は半分も進まずに、近くで空いてそうなラーメン屋さん(らーめん北一 狸小路店)を見つけて、ささっと食べてホテルに帰りました。

全然有名そうなお店じゃなかった(失礼)のですが、とっても美味しかったです!

くじら

あとから食べログで調べたら評価は3.5だったので、普通に高評価のお店でした!

札幌旅行 – 4日目 – 札幌から車で旭山動物園と美瑛の青い池へ

札幌でカーシェア

4 日目は札幌から旭川方面に向かいます。
札幌から旭川までは距離にして 150km、車で2時間半くらいかかるのでまぁまぁ遠いです。

なので、遊びに行くのであれば旭川周辺の宿を取るといいのですが、残念ながら旭川周辺にはマリオット Bonvoy に加盟しているホテルが無い (マリオットの宿泊実績を増やすというのもこの旅行の目標なのでマリオット以外は泊まる気はありませんでした) ので、気合いで札幌から日帰りで行ってきました!

最初は 4 日目だけレンタカーを借りようかなと思っていたのですが、事前に調べたところホテルの近くにオリックス カーシェアがあるのを発見!

僕は普段からオリックス カーシェアを使っているのですが、出発時間が早かったり、帰りが遅い時間になる場合などは、24時間いつでも貸出・返却できるカーシェアがめっちゃ楽なんですよね。(レンタカーだとお店の営業時間を考慮しなければいけないので)
今回も往復で5時間以上は確実にかかる場所で、帰りの時間が遅くなるのは最初からわかっていたので、カーシェアを使うことにしました。
ジュニアシートもどの車にも完備されているので、幼稚園の次女がいても全く問題ありません。

カーシェアの場所はホテルから歩いて5分。
立体駐車場の中に置いてあるカーシェアは初めてでしたが、駐車場の管理人の方にカーシェア使いたいと伝えたら、すぐ出してくれました。
手続き不要で、鍵代わりにカードをかざすだけですぐ使い始められちゃうのも、カーシェアのいいところですね。

それでは旭川に向けて出発です!

くじら

まさかカーシェアを北海道でも使えるとは思いませんでした。
ちゃんとスタッドレスタイヤになっていたので、冬でも安心ですね。さすが北海道!

大人も楽しめる『旭山動物園』

旭山動物園

道央自動車道をひたすら走ること2時間半、11 時前に旭山動物園に到着しました。
入り口には入場券を買うために既に行列ができていました。
日曜日に行ったので平日よりは混んでたのかもしれませんが、上野動物園と比べれば全然空いているので、並ばないと見れないといったほどではありませんでしたよ。

旭山動物園のペンギン

旭山動物園と言えば、行動展示で有名な動物園。
要は動物たちの普段の暮らしぶりを観察しやすい展示方法をとっている動物園です。

例えば上の写真はペンギン館ですが、手すりから一番近いキングペンギンまで1mもないくらいの距離なので、とっても近くで見れます!
肉眼でペンギンの羽毛の1つ1つが見えちゃうくらいなので、子どもたちも大喜び。

旭山動物園のアザラシ

アザラシ館も水槽が面白い形をしていて、上の写真みたいにアザラシが縦横無尽に泳ぎ回っている姿を見ることができます。
(半分室内なのですが、ここが一番混んでたかもしれません)

旭山動物園のキリン

キリンはこの距離です!
この黒い部分にエサの葉っぱを置いてくれるので、ムシャムシャ食べてる姿を間近で見れるんですが、キリンの顔をこんなに間近で見たのはたぶん人生で初めてです。
キリンの5本の角もちゃんと見ることができました!

お昼ごはんは、東門の GARDEN TERRACE LION というレストランで子どもたちは醤油ラーメン、僕はエビフライカレーを食べました。

この日はちょっと肌寒かったので中で食べましたが、見晴らしのいいテラス席もありましたよ。
もう少し暖かい季節だったら、とっても気持ちよさそうでした。

写真は東門の1Fで見つけた旭山動物園限定のガチャガチャの開封の儀を済ませた後です。
2人ともホッキョクグマでした。

15時過ぎくらいまで遊んで、旭山動物園を後にします。

旭山動物園、とっても楽しかったよー!

11月からライトアップが始まる美瑛の『青い池』へ

次は、何年か前に Mac の壁紙で有名になった、美瑛の青い池に向かいます。
旭山動物園からは車で40分くらいなのでそこまで近いというわけではないですが、めったに来れる場所ではないので行ってきました!

美瑛の青い池

青い池に着いたのは16時半頃だったのでちょっと空も暗くなり始めていて、あいにく天気も悪く雲が多い日だったので、残念ながら鮮やかな青ではありませんでした。
それでも、うっすら青い色した池、ちゃんと見てこれましたよ!

くじら

でも、やっぱり綺麗なのは晴れた日の昼間の時間なんだろうなーと、ちょっと残念な気持ちもありましたけどね(^_^;)

だが、しかし。

実は青い池は冬季はライトアップをやっておりまして、ちょうどこの日 (11月1日) からライトアップがスタートするというのを偶然見つけていたのです!

17時からライトアップが始まって空が暗くなるまでしばらく待ちましたが、ライトアップ、めっちゃ綺麗でしたよー!!
もともと神秘的な場所ではあるのですが、ライトアップが始まるとより幻想的な雰囲気が増しますね。

ライトもいろいろな色があって、周りの木々も赤く見えたり、ホント綺麗でした。
ライトアップをやっているタイミングに青い池を訪れることができて良かったです!

ちなみに、青い池は観光地化されているので、駐車場もちゃんとありますし、トイレや売店もあるので、子連れでも安心して見に来れますよ。
ところどころ柵が無いところがあるので、子供が池に落っこちないようにだけ気をつけたほうが良いとは思います!

くじら

青い池はめちゃめちゃ綺麗なのですが、子どもたちは5分くらいで見るのに飽きるので、その辺は対策を考えておくと良いと思います(;´∀`)

夜ご飯は旭川でごろごろ野菜が入ったスープカレーを『香屋』でいただきました

18時ごろまで青い池を見て、さて夜ご飯。
もともとスープカレーを食べに行こうと思っていたのですが、電話してみたところ休みのようでした。

青い池周辺には食べ物屋さんが無さそうだったので、慌ててネットで調べて、旭川市内のスープカレー屋さん 『香屋』に行ってみることに。(旭川市内のお店なので、青い池から車で40分くらいかかります)

スープカレーは辛さが選べるようになっていたので、子供用は一番辛くないやつ、僕は中辛の5番を注文しました。

上の写真は『骨付きチキン&ベジータ』というメニュー。
野菜がゴロゴロ入っていて、スパイスも効いていて、とっても美味しかったです。もちろん骨付きチキンもGood!

ただ、娘たちにはちょっと香辛料が合わなかったみたいで、具だけしか食べてくれず。
辛くはないのですが、エスニック系はちょっとまだ早かったみたい。
結局僕がカレーを2杯食べることになりましたが、美味しいカレーで良かったです。(そういえば昼もカレー食べてたねw)

お腹もいっぱい、疲れもだいぶ溜まってきましたが、最後の一踏ん張りで、一路札幌へ!
帰りも2.5時間かかりましたが、無事到着。
10時を過ぎていたので子どもたちは車中寝てましたが、カーシェアの駐車場からホテルまでは頑張って歩いてくれました。(起きてくれなかったらどうしようかと思った)

これで今回の北海道旅行もほぼ終わり。
明日は東京へ帰るだけです。

札幌旅行 – 5日目 – お昼の便で羽田へ

新千歳空港でお土産探し

朝食をホテルで済ませ、ホテルの近くにある二条市場でも見てから帰ろうかと思っていたのですが、帰りは 13:10 に新千歳発の便だったので、空港への移動時間とかも考えるとそれほど時間が無く、無理せず部屋で少しゆっくりしてから、空港に向かいました。

新千歳空港

小樽でも結構お土産は買ったのですが、新千歳空港でママからリクエストがあったお土産をいくつか買ったり、フードコートでアイスクリームを食べました。
最後は展望デッキで双眼鏡を楽しんで、今回の北海道旅行もおしまいです。

パパ1人でも4泊5日の旅行を子どもたちと楽しく過ごすことができました。娘たち、ちゃんと言うこと聞いてくれたり、自分のことは自分でやってくれて、ありがとうね!
「2人ともいつのまにか大きくなったなぁ」とこの写真見てちょっとしみじみしちゃいましたが、子どもたちの成長を実感できた、とても楽しい旅行になりました。

ママがいない旅行はきっとこれが最初で最後な気もしますが、とても貴重な体験ができて良かったなと思います!

くじら

「次はママと三女も一緒に来たいね」って2人とも言ってくれたので、子どもたちもちゃんと楽めたようで良かったです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる