年会費無料で高還元率。使いやすくてお得感が高い『楽天カード』は誰にでもおすすめできる万能クレジットカード

こんにちは、3 姉妹の父のくじら(@kujira_525)です!

たこ助

この記事を読んでくれているあなたは、楽天カードを発行しようかどうか迷ってるんじゃないかな?

くじら

僕も楽天の買い物では “必ず” 楽天カードを使ってたくさんポイントを貯めてるんだ♪
年会費無料なのにこんなにポイントが貯まりやすいんだから、悩んでいる時間がもったいないよ!

今回は楽天で買い物することがあるなら絶対に持っておきたい楽天カードについてまとめていきます!
楽天市場での買い物はもちろんですが、それ以外の利用でも高還元率なので、楽天カードは年会費無料のクレジットカードの中でも特に使いやすく、メインカードとしてもとっても人気があります!
とっても使いやすい楽天ポイントで還元される点も人気の理由ですね。

この記事では僕の楽天カードの使い方を中心に解説しますが、楽天カードを作って損することは絶対にないので、もしまだ持っていない人はささっと申し込んでしまいましょう!

目次

楽天カードの基本情報

まずは、簡単に楽天カードの基本スペックをまとめておきますね!

楽天カードの基本スペック
年会費ずーっと無料
国際ブランドVISA / Master / JCB / Amex
ポイント還元率100 円につき 1 ポイント (1.0%)
貯まるポイントの種類楽天スーパーポイント
ポイントの有効期限最後にポイントを獲得してから1年間
くじら

表を見ればわかるのですが、楽天カードは非の打ち所がないとってもスペックの高いクレジットカードです!
どれくらいお得度が高いのかをちょっとだけ解説しますね!

年会費無料でポイント還元率1%のとってもお得なクレジットカード

クレジットカードの還元率は 0.5% が標準で 1 % あれば高還元率と言われています。
そんな中で楽天カードのポイント還元率はしっかり1%
しかも、年会費無料ですからね!

同じく年会費無料で人気があるエポスカードでもポイント還元率は 0.5% なので、楽天カードがいかにお得なのかがよく分かると思います。

エポスカードは年会費無料のエポスゴールドカードに進化させた上で年間100万円利用すると、年会費無料にもかかわらずポイント還元率が1.5%になるという裏技があるよ!

貯まるのは楽天ポイントなので、楽天市場や街中での買い物など使いやすい

楽天カードの利用で還元されるポイントは 楽天ポイント(通常ポイント) なので、楽天での買い物でも使えるし、コンビニやマックなど街中のお店での支払いにも使えて、獲得したポイントがとにかく使いやすいのが特徴です。
他のカードだと『微妙に300ポイント余っちゃったけど何にも使えない』という状況に遭遇することがありますが、楽天ポイントなら使える場所がたくさんあるので、本当に無駄なく使い切ることができます。

楽天ポイントの使い方はこちらの記事にまとめているので、良かったら読んでくださいね。

還元される楽天ポイントの有効期限は実質無期限

楽天カードの利用で還元される楽天の通常ポイントの有効期限は、最後に楽天ポイント(通常ポイント)を獲得してから1年間です。
つまり、1年に1回でも楽天カードを利用して新しい楽天ポイントを獲得していれば、楽天ポイントが失効することはありません。つまり、ポイントの有効期限は実施無期限みたいなものです。

これまた他のクレジットカードを例にして考えると、2,3年でポイントの有効期限を迎えてしまうため泣く泣く獲得済みのポイントで交換できそうなものを見繕って交換したり、最悪何も交換できずに失効してしまうなんてことがザラにあります。

有効期限が無いので、ゆっくりじっくり楽天ポイントを貯めて欲しいものを無料で手に入れるなんてこともできるのが楽天カードのいいところです!

楽天で買い物するなら楽天カードを使うとポイントがたくさん貯まるのでとってもお得です。
入会時にボーナスポイントが 5000 円分必ずもらえる上に年会費無料なので、もし持っていないようであれば楽天カードを作ってから買い物するのがオススメです!

さらに楽天カードをお得に使う方法をご紹介

楽天カード

これまでに紹介した内容だけでも楽天カードがとっても使いやすいクレジットカードだということはわかってもらえたのではないかなと思うのですが、楽天カードには他にもたくさん便利にお得に使う方法があります。

その中で、僕おすすめの楽天カードの使い所やポイントをご紹介するので、これも踏まえて楽天カードが活用できそうか考えてみてくださいね!

楽天市場でのポイント還元率は最低でも3%。楽天で買物する時は必ず楽天カードを使う

楽天カードは楽天が発行しているだけあって、やはり楽天市場での利用は他のクレジットカードよりとってもお得です!

なんと楽天市場の利用ではポイント還元率が3%になります!!
これはかなりお得ですよね。

付与されるポイントの内訳は以下で合計で3%になります。

  • 楽天会員として購入によるポイント (通常ポイント 1%)
  • 楽天カードの決済分のポイント (通常ポイント 1%)
  • 楽天SPUの条件となっている楽天カード利用 (期間限定ポイント1%)

ちなみに楽天カードの上位カードとして楽天プレミアムカード がありますが、楽天プレミアムカードを利用する場合はさらに 2% 追加されてポイント還元率が5% になります。(SPUで獲得できるポイントが1%から3%にアップします)

楽天プレミアムカードは年会費 1,1000 円(税込) なので、楽天市場でのお買い物で年間55万円以上利用するならば、楽天カードを利用するよりもお得になります。

楽天市場コースや誕生月特典なども駆使すると年間36万円以上の利用でお得になります。

もちろん、楽天プレミアムカードには他にもプライオリティ・パスを無料で発行できたり、付帯保険の金額が上がったりと、その他にもメリットがあるので単純に比較することはできませんが、楽天をよく利用するのであれば楽天プレミアムカードも視野に入れてみても良いかもしれません。

以前は年会費2,000円の楽天ゴールドカードでも5%還元だったのですが、2021年4月にSPUの条件が変更になり、楽天カードと同じ3%になってしまいました。
そのため、還元率5%を狙えるのは楽天プレミアムカードだけになりました。

くじら

僕は楽天市場で年間55万円も買い物しないので、今は年会費無料の楽天カードを使ってるよ!

ちなみに楽天市場の SPU の条件は楽天カードの利用以外にもたくさんあり、すべての条件を達成すれば最大 15 %のポイント還元と驚異的な還元率になります!
SPU を攻略すると楽天での買い物がさらにお得になるので、活用していきましょう!

楽天証券の投資信託は楽天カードで支払えるし、もちろんポイントも貯まる

楽天証券で投資信託をする場合、投信の積立を楽天カードで支払うことができます。
最近は少しずつクレジットカードで支払いできる証券会社も増えてきましたが、多くの証券会社では積立は銀行引き落とししか選べないので、支払い方法としてクレジットカードが選べるというのは楽天カードの大きなメリットです。
もちろん、ちゃんとクレジットカード利用分のポイントがもらえます!

投資信託の積立が対象なので、つみたてNISAも対象です!
つみたて NISA は年間 40 万円分の投資信託の売却益や分配金が非課税になる制度です。
お得に投資できる制度な上に、これを楽天カードで支払うだけで年間 4000 円分の楽天スーパーポイントももらるので、つみたてNISAを利用するなら 楽天証券 + 楽天カード の組み合わせが一番だと思います!

くじら

僕も 2020 年の 8 月から楽天証券でつみたてNISAを始めて、毎月3万3000円分の積立をしてこの恩恵を受けてるよ!

楽天ふるさと納税を利用すれば、税金も楽天カードで支払える(つまり、ポイントがもらえる)

住民税や所得税はサラリーマンだとどうしても給料天引き、つまり現金払いになってしまいがちですよね。
でも、楽天ふるさと納税を利用すればその一部の支払いで楽天ポイントを獲得することができます!

楽天ふるさと納税も楽天市場での買い物の一部なので、先程紹介したポイント還元率3%で税金が払えるわけです。
もちろん地域特産の返礼品ももらえるので使わない手はない!

楽天カードを使って、納税もお得にしちゃいましょう!

まとめ

楽天カードは年会費無料な上に、高還元率。本当にメリットしかない最高のクレジットカードです!

持っていないと損するクレジットカードはそうはないので、もし発行するか悩んでるようでしたら、迷わずこの機会に申込みしてしまいましょう!

楽天で買い物するなら楽天カードを使うとポイントがたくさん貯まるのでとってもお得です。
入会時にボーナスポイントが 5000 円分必ずもらえる上に年会費無料なので、もし持っていないようであれば楽天カードを作ってから買い物するのがオススメです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる