インターネットが遅いなら、無線LANを買い替えよう。最新のWi-Fi6 対応のTP-Link『Archer AX50』がおすすめ!

こんにちは、3 姉妹の父のくじら(@kujira_525)です!

たこ助

最近は新型コロナの影響で、家で過ごす時間が増えたよね

くじら

僕の会社もリモートワークが中心になって、ほぼ毎日家で仕事しているよ

たこ助

くじらの家の子供たちも Amazon Prime VideoNetflix で映画やアニメを見たり、学校の課題もiPad でそのまま提出とかやってるもんね

皆さんも、こんな感じの生活に変わってきてるご家庭はわりと多いんじゃないでしょうか?
そこで大事なのがインターネットの速度ですよね!

僕もリモートワークを始めた頃に気づいたんですが、家のインターネットがとにかく遅い!
というのも、家で使っている 無線LAN(Wi-Fi) ルーターが10年近く前のものだったからなのです。
いい機会だったので最新のルーターに買い替えたところ、なんとインターネットの接続スピードが25倍も早くなってびっくり!

そんなわけで今回は最新の Wi-Fi 規格 (Wi-Fi6)でに対応している無線LAN(Wi-Fi)ルーター、TP-Link の 『Archer AX50』をご紹介します!

目次

現在の家のネットワーク環境。無線 LAN (Wi-Fi) 接続時の速度が 10Mbps を下回っている。

7,8 年前に購入した Buffalo の無線ルーター
我が家で使っていた Buffalo の無線LANルーター

うちで使っていた無線LANルーターは Buffalo 製のものなんですが、たぶんもう9年くらいは使っています。
急遽必要になったので、近くのヤマダ電機で手頃な値段で売っていたコイツを買ってきました。
まずはコイツがどれくらい遅いのか調べてみましょう。

速度チェックに使ったのは Netfilx が提供している FAST.com というサービスです。
もちろん無料で使えて、ページを開けば勝手に速度を測ってくれるので、よかったら試してください。

僕が普段仕事している部屋で Wi-Fi 接続した iPhone を使って試してみると、以下の通り17 Mbps という速度でした。
これでもまだいい方で、本当に遅いときには 8 Mbps などを叩き出すこともありました。
これは今の時代だとかなり物足りないスピードです。

iPhoneを使って計測したインターネット速度
くじら

LINE モバイルの回線でテストしても 70 Mbps 出るんですよね。家のネット回線より格安スマホの回線の方が早いってどういういこと!って感じです。。。

電気屋さんの Nojima の情報によると、動画を視聴するなら 25 Mbps 以上オンラインゲームをやるなら 100 Mbps 以上の速度があるとよいと書かれています。ただ、個人的には動画も 100 Mbps くらいあった方がいいんじゃないかなと思います。

Wi-Fi6 対応の無線ルーター TP-Link の Archer AX50 を購入

TP-Link の Archer AX50

そして購入したのが、TP-Link の Archer AX50 という Wi-Fi ルーターです。


このルーターのおすすめポイントは以下の3つ。

  • 最新の Wi-Fi 規格である Wi-Fi6 (IEEE802.11ax) に対応している
  • Wi-Fi6 対応のルーターの中ではかなり低価格
  • 電波が強い (主観ですが、マンションなら十分な電波強度です)

それでは 1 つずつ見ていきましょう。

最新の Wi-Fi 規格である Wi-Fi6 (IEEE802.11ax) に対応しているのでめちゃめちゃ早い

ちょっと細かい話になってしまうのですが、Wi-Fi にもバージョンみたいなものがあり、数年ごとに新しい規格が出ています。もちろん、新しいバージョンになる度に通信速度も格段に早くなっています。

例えば僕が使っていた古い Buffalo のルーターは 11n という規格に対応していたのですが、これと最新の 11ax を最大速度で比較した場合、なんと理論上では 16 倍の速度が出るようです。

  • IEEE802.11n : 0.6 Gbps
  • IEEE802.11ac : 6.93 Gbps
  • IEEE802.11ax (Wi-Fi 6) : 9.6 Gbps

※ Wikipedia から引用 (https://ja.wikipedia.org/wiki/IEEE_802.11)

新しい規格なのでまだ Wi-Fi6 (11ax) に対応している機器は少ないのですが、最新の iPhone 12 などは Wi-Fi6 に対応しているので、この無線 LAN の性能を最大限引き出して利用することができます。
今後も Wi-Fi6 に対応したスマホや PC はたくさん出てくるので、今から買うなら最新規格である Wi-Fi6 に対応しているルーターがおすすめです。

ちなみにこの Archer AX50 に切り替えた後に計測した Fast.com の結果がこちら。

Wi-Fi の速度が 390 Mbps

同じ場所で計測したのですが、390 Mbps も出ました。
前のルーターは 17 Mbps だったので、なんと25 倍も早くなっていました。

くじら

これは iPhone8 で計測しているので、おそらく1 つ前の規格の 11ac を使っているはず。
11acでこの速度なら、11ax になったらもっと早くなるかも。

Wi-Fi6 対応のルーターの中ではかなり低価格

現在の最新規格である IEEE802.11ax (Wi-Fi 6) に対応した無線 LAN ルーターを探してみると、まだまだ価格が高い製品が多いのが実情です。
でも、そんな中でこの Archer AX501万1000円くらいと、他の Wi-Fi 6 対応ルーターと比べてかなりリーズナブルでした。(他はだいたい2万円を超えてきます)

調べてみるとこの AP-Link という会社のルーターは価格のわりに機能・性能がしっかりしているという評判で、かなりコスパがいいというレビューが目立ちます。
実際使ってみても通信速度は快適で、つながらなくなるようなことも全く無く、性能的には申し分ありません。

電波が強い (主観ですが、マンションなら十分な電波強度です)

TP-Link の Archer AX50

通信規格でお話した速度はあくまで理論値なので、実際に出る速度はもっと少なくなります。
例えば部屋の構造であったり、部屋においてある電子機器などの影響も少なからず受けるので、実際にどれくらいの通信になるかは設置してみないとわからなかったりします。

そのため、あくまで「僕の家の場合」の話にはなってしまうのですが、この Archer AX50 なら通常のマンションなら十分過ぎる電波強度があると思います。
うちはごく普通のマンション(3LDK)で Archer AX50 をリビングに置いているのですが、どこの部屋にいっても Wi-Fi のアイコンの電波は3本立ってますし、実際速度も申し分ありません!

写真のとおり、この Archer AX50 には 4 本のアンテナがあるので、きっといい感じに電波が飛んでくれているのだと思います。

くじら

4本のアンテナは角度を変えることができるのですが、よく使う部屋の方向にアンテナを向けると速度が早くなるとかならないとか。
うちでは、上の写真のように扇形にアンテナを広げて使っていますが、今の所電波が弱い場所は見つかっていません。

ちなみに、Archer AX50 は薄いのですが、横置きだと見ての通りでちょっと場所を取ります。
本体裏にネジを引っ掛ける穴が開いているので壁にネジを打って壁掛けにすることもできますし、オプションで縦置きスタンドも用意されているので、省スペースで設置したい場合はこちらを購入すると良いかと思います。

Wi-Fi ルーターを買い換えるなら TP-LINK の Archer AX50 がおすすめだよ

正直 Wi-Fi ルーターを Archer AX50 に買い替えただけで、こんなにインターネット速度が上がるとは思いませんでした。
おかげでリモート会議で固まることも無いし、映画見ていて読み込み待ちになることも無くなりましたしね。

これからの時代、どんどんインターネットを活用することが多くなるので、通信速度がさらに大事になってくると思います。古い Wi-Fi ルーターを使っている方にはこの機会に僕が自信を持っておすすめする Archer AX50 への買い替えをしてみてはどうでしょうか?

楽天で買い物するなら楽天カードを使うとポイントがたくさん貯まるのでとってもお得です。
入会時にボーナスポイントが 5000 円分必ずもらえる上に年会費無料なので、もし持っていないようであれば楽天カードを作ってから買い物するのがオススメです!

楽天カードについてもっと知りたいという方はこちらの記事も読んでみましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる